「無宗教で追悼」は矛盾でしょう


<追悼施設議連>福田元官房長官、神崎代表ら設立に80人


神崎氏や公明党の党員の方は宗教家でしょう?
宗教家が「無宗教で追悼」という矛盾に思いを致さないのには、非常に違和感が
あります。彼らは信仰について、その社会的な意味をきちんと考えたことがあるので
しょうか?


儀式はどんな形式でやるんでしょうか?ユダヤ-キリスト教式?
それとも、全員で集まって、瞑目して礼、で済ませるんですかね?

いや、そもそも「施設」の箱のデザインからしてどうするんでしょう?
教会風にする?
仏教寺院風にする?
神社風?
イスラム教モスク風?
いっそ近代建築にする?
それとも、公園のようなものですか?
彼らの中にちょっとはアイデアがあるのか甚だ疑問です。

無宗教と言われる日本人だけど、そんなワケのわからん追悼には違和感を
感じるのではないかと思います。というか、私はいやですね、そんなもの。
[PR]
by izagon | 2005-11-10 18:08 | 沈思黙考


<< めっけもの たはは、とほほ、・・・というか... >>