落ち着きましょうよ


日経平均終値が昨年来最大の下げ幅=東京株式市場


この株価の下落が、経済全体の不調を示す、とは思えないのです。
それに、ほんの数年前、株価は1万円を切っていましたよね。

すげー適当なリスクヘッジをしていた個人投資家がコケて
(ライブドア株を信用取引の証拠金に使っていた方に乾杯。
皆さんの度胸に敬意を表したいと思います)、
すげー適当な連想でいろんな銘柄ががっくし行っただけでしょ。
消費支出とか企業の投資などのファンダメンタルにまで影響が
出るとは思えないんですが。

まあ、今週いっぱいはダメかもしれないけど、またちみちみと
上がっていって、年末頃には「ああ、そんなこともあったなあ」で
おしまいじゃないかと思います。


それに、まあ、下げたままでも、別にいいんじゃないですか?
ここ数ヶ月の株高を「株式バブル」と言っていた人たちが喜ぶ一方で、
本来の適切な株価水準に落ち着くのであれば、それはそれで
健全な企業が健全な経営にいそしむキッカケになるわけで。

とりあえずさっさと捜査なり調査なりやって、市場の信頼を取り戻すよう
努力していただきたいわけであります。
[PR]
by izagon | 2006-01-18 21:03 | 沈思黙考


<< 新聞 作戦失敗 >>