議院証言法

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7009/ptstlaw.htm

偽証が「三月以上十年以下の懲役」、
証言拒否が「一年以下の禁錮又は十万円以下の罰金」だそうです。

さらに、


第七条
 正当の理由がなくて、証人が出頭せず、現在場所において証言すべきことの要求を拒み、若しくは要求された書類を提出しないとき、又は証人が宣誓若しくは証言を拒んだときは、一年以下の禁錮又は十万円以下の罰金に処する。
 2 前項の罪を犯した者には、情状により、禁錮及び罰金を併科することができる。


ということですから、「刑事訴追のおそれ」は、証言拒否の正当な理由になるという
補佐人の判断なんでしょう。
「本当に正当かどうか」を判定するのは国会ではなく法廷でしょうから、裁判の
進行が遅いことを考え合わせれば、


そりゃ黙るわな。

黙る、隠し通す、という意図を持つ証人なら、国会の証人喚問なんか屁でもない、
のではないでしょうか。
ほんの数時間、罵声に耐える意思さえあればいいのです。


最近、私には国会の証人喚問が「野党のショー」に見えるのですけれども。
こっち方面で「巨悪を暴く」と頑張るのも結構ですが、現在の建築(監督?)行政の
不備をさっさと見直すほうで頑張るのも知恵だと思うのです。
野党・与党の政治家の先生方、大マスコミの皆様がた、どうでしょうか。
[PR]
by izagon | 2006-01-19 12:39 | 沈思黙考


<< ようやくあと一日 出遅れ感は否めないけど頑張ってほしい >>