榊原英資が嫌い

中国関連の新書を出したようで、本屋で斜めに立ち読みしたのですが、
なんか相変わらず高慢ちきというか慇懃無礼で嫌な感じ。

ひとことで言えば、中国経済礼賛、っぽいですね。

行政がまともに機能していないこととか、貧富の差が拡大する一方なこととか、
身分制度が残っていること(農民の戸籍とそうでない戸籍が分けられていた)
こととか、深刻な公害問題が発生していることとか、政府発表の経済統計が
信用できないこととか、他の本に1,2冊でも目を通していたら分かることを
ほとんど省みていない模様です。

やっぱりなるべきものは日本の高級官僚、ということなんでしょうか。
あと、トヨタOBもかな。定年後も余禄がたっぷりです。
[PR]
by izagon | 2006-01-29 12:00 | 読書日記


<< 「独身最後」 結局「著作権保護機能対応」 >>