『デバッグルール』

短い本ですが面白かった。
一つ一つは単純な9つのデバッグのためのルールを実例をまじえて紹介しています。

死にそうなプロジェクトで、きちんとしたエンジニアと一緒に働いたことがある人なら、
「ああ、そうだね」と思うはず、の当たり前な内容ばかりですが、整理して提示されると
なるほどとうなずかないではおれないでしょう。

著者のサイト
http://www.debuggingrules.com/

試しに読むために、1章・2章のデータがサイトに載っていますね。欧米じゃあ
当たり前になっているのでしょうか。
[PR]
by izagon | 2006-01-31 14:12 | 読書日記


<< ソフトウェアテストに関する本 なんか帰りたくなってきた >>