国政調査権を無理強いした方が無責任では?


野田氏辞任で調整 永田氏記者会見で陳謝


証拠の信憑性を評価できなかった愚かさについて、きちんと責任を取って
いただきたいものだけれども、
国政調査権の行使を無理強いした傲慢さについては会見で触れられていない
ようですね。
これはどうなんでしょうか?ちゃんとケリをつけておかないといけないのでは
ないでしょうか。

単なる「愚かさ」については、自分なり身内なりで反省すれば済みますが、
国会の強権をふりかざそうとした「傲慢さ」は、ともすれば法治国家たる
日本社会の根幹に関わる愚行なわけで、よっぽど重大だと思う次第です。


それにしても、「進退については鳩山代表に一任」とか言ってる小僧には、
「国会議員たるもの出処進退は本人の問題」と繰り返し断言している小泉氏に
勝つことは一生無理だと思うのです。
体調不良で入院するという脆弱さを見せた後には特に、ね。秩序を重んじる
組織の人、ではなく、根性の無い人にしか見えません。

いや、小泉氏との勝敗は別として、その程度の根性で国会議員をやって
もらいたくないという気もします。
「腹を切れ」とは言わないけれど、自分の責任の取り方を考えないで、
国家権力を握っているんですね、この人は。ちょっと残念です。
[PR]
by izagon | 2006-02-28 17:07 | 沈思黙考


<< iPod Hi-Fiですか 結婚しても >>