定期的に一定額を会社から引き出して本を買う方法は無いものか

現在の仕事柄、同じようなテーマの本を沢山持っていても、新刊が出たら
ある程度目を通したいと思うのであります。
全部が全部、目を通す価値のある内容ではないかもしれないのですが、より新しい、
より最近の技術に触れた記述があるとすれば、十分に読む価値がありますからねえ。

しかし、さすがにそのたびに自腹を切っていたんじゃ身が持たない。
新しい分野の勉強にも手を出したいので、お金も足りないし、家にも会社にも
本を置くスペースがいくらあっても足りない、これは間違いないところ。

とりあえず本を買うお金だけでもなんとかしたいところなのですが、さて、
どうしたものか。会社から引っぱり出す方法はあるかなあ。
ちょっと考えてみたいところであります。

新刊の技術書を置いてくれるような図書館なんか無いだろうし。ふーむ。
はてさて。
[PR]
by izagon | 2006-03-06 21:55 | 沈思黙考


<< 親日反民族行為者財産帰属特別法 ムチャ振りされた後 >>