親日反民族行為者財産帰属特別法


靖国参拝中止を要請 首相にハンナラ党代表


この記事の中で、韓国の野党の党首が

「大きなリーダーシップを発揮して首相の在任中に解決してほしい。
(日韓関係に)貢献された首相と(して)両国民の記憶に残ってほしい」

と発言していますが、一方で韓国では
「親日反民族行為者財産帰属特別法」というスペシャルな法律が施行されています。

「植民地時代に日本に協力して財産を作った人の子孫から、
独立に功労のあった人の子孫に財産を移す」
という、近代法律国家とは思えない、瞠目すべき事後法なのですけれども。

韓国では近年、延々と「親日派」のリストに追加する作業を続けています。
もちろん顕彰するためではなく、罰を与えるためです。奴は親日派だ、とか、
親日派の子孫だ、といわれることは、侮辱の表現になっているようです。


日韓関係も何もないよなあ。
私は大学で2年ばかり韓国語を勉強しましたが、
はっきりいってあまり関わりあいたくない国ですね、今となっては。
[PR]
by izagon | 2006-03-08 16:58 | 沈思黙考


<< 電話 定期的に一定額を会社から引き出... >>