信書の扱いを変えて宅配業者にチャンスを与えれば文句は無いです


時間外窓口サービス廃止へ 郵政公社、3600局で


むーん、不便になるかなあ、と思いましたが、政府が信書の扱いを変えて、
一般の宅配業者にも許可してくれれば、大した問題にはならないような。
ヤマトや佐川がかわりにやってくれると楽だし。彼らは、窓口まで行かないでも、
家まで来てくれますから。

「郵便局はサービスを維持しろ」
と言うためには、コスト負担を受け入れないといけないようですが、私は
嫌ですね。

いや、郵便事業での費用負担はいいんですが、巨大な他の事業のほうで
どうにかしようって話になったら嫌、ということです。
[PR]
by izagon | 2006-04-12 12:48 | 沈思黙考


<< ドキュメント仕事、超ウザス だからってPPVとか民放にしろ... >>