予言してみる

http://www.atmarkit.co.jp/news/200604/14/gmo.html

このGMOインターネット証券が、2,3年以内にやらかす
(または、予定のサービスを提供できないで物議を醸す)
に200リラ賭けます。

起きそうなこと:
-コンプライアンス違反で行政指導連発
-障害連発で金融庁から指導連発/業務停止命令くらう
-パフォーマンスが出ないでデイトレーダーからバカにされる
-クラックされて個人情報ダダ漏れ

まあ、あんまり他人の仕事をバカにするのも気が引けてくるので
これくらいで。こんなことが起きないように頑張っていただきたいものです。

ただ、実際の仕事はともかく、この記者会見はいただけませんなあ。
googleとかweb2.0とか、
「言ってみたかったのでとりあえず言ってみました」
感がプンプンと漂っております。

googleのはなしで言えば、googleの人たちは
「いかに高速に検索し、いかに素早く自分たちのサイトからユーザを移動させるか」
を考えて設計しているそうです。言い換えると、googleのサイトに縛り付ける時間を
いかに減らすか考えているわけですね。

一方、証券会社(ことにデイトレをターゲットにした場合)は、
「いかにユーザを自分たちのサイトに縛り付けて、延々と取引を行わせて、
取引手数料を引っ張り出すか」
が商売のポイントなわけです。

まったく逆ですね。
他の証券会社は、資産管理のアドバイスでお金を取ろうとする動きもあわせて
行っているので、取引手数料だけを収益源とはしないわけですが、このGMO
インターネット証券はそんなこと考えていないっぽいですから・・・

口当たりのいい言葉で目先の金を稼ごうとしている、詐欺師かギャンブラーの匂いが
ぷんぷんします。


もちろん、この会社が非常にうまくいく可能性もあります。けれども、個人投資家の
参入にだって限界はあるわけで、個人投資家の増加がピークを越えた後は
悲惨な消耗戦がはじまり、日興か野村か松井あたりに買われてオシマイじゃないかと
思うわけでありますよ。

まあ、頑張っていただきたい。
[PR]
by izagon | 2006-04-14 10:42 | 沈思黙考


<< 疲れてまいりました 電子辞書が激使えることをぜひこ... >>