外交的手段による勝利を望みたい


<竹島問題>駐韓大使と潘外交通商相会談 議論は平行線か


竹島問題、今回の日本政府の手にはなるほど、こんな手があったかと思いながら
見ています。うまいよねえ。韓国側は打ち手が少ないですもんね。
ご丁寧に先延ばしのための妥協案も示してみせるなど、頑張ってます。
頑張れ!日本政府!

ただ、懸念は、韓国の大統領が


「言葉だけで解決できない難しい状況にぶつかっている」と、日韓間の妥協が困難との認識を示した。


と言っていることです。「言葉だけで解決できない」とは、武力行使やむなし、
と読めてしまうのですが、私の杞憂でしょうか?

戦闘になるというのはまずありえないでしょうし、戦争となるともっと可能性は低く
なるとは分かっています。
が、万一のことが起こって、現場で活動する方々に死傷者が出るのは耐え難いです。
彼らの職務であることは重々承知していますが、私は東京で安閑としている身ですから・・・

外交的手段による勝利を望むところです。
[PR]
by izagon | 2006-04-21 10:30 | 沈思黙考


<< 愚鈍なり 捨てる神あれば拾う神あり >>