『事業再生と敗者復活』

八木宏之著、講談社現代新書。

ターンアラウンド・スペシャリスト(事業の再生のための経営戦略策定と
財務・税務の実務をサポートする専業コンサルタント)である著者による、
事業再生にまつわるトピックを集めた新書です。

いろいろな再生スキームの話、再生での経験、近年の政府施策など、
話題は多岐にわたっており、体系的な本というよりも実務者の情熱が
溢れる啓蒙目的のパンフレットと見なしていいかと思います。

再生における「債務償還」と「リスケジュール」の概念や意味合いが、
私には今ひとつ理解できていないため、正直なところ読めている
自信がありません。

ただ、前述のとおり、実務者の情熱が色濃く出ていて、読み応えは
あります。
今の不況の時代にあって中小企業診断士を目指す私にとって、
また戻ってこなければならない話題であり書籍であり著者かも
しれないな、と思っています。
[PR]
by izagon | 2004-05-30 22:40 | 読書日記


<< 難儀なプログラム かっこいいぞ佐野元春 >>