政治・行政記事へのブログコメントって

政治・行政記事へのブログコメントって、結局、床屋政談と同じレベルで
面白くもなんともないことに気付いてしまったわけですよ。

自分でも「いまさら何を分かりきったことを言い出すかね」、という気は
するのですが。

僕の大学時代の恩師は、
「学者である以上、従来の理論になにがしかの追加・修正を加え、学問に
貢献をしなければならない」
と言っていましたが、学問のみに留まらず、社会に参加するにあたって
そういう意気込みが無いとむなしい気がする。

日記を否定する気は無いので、普通のブログはそれでいいし、床屋政談も
悪いことではありませんが、政治・行政への記事にばかりトラックバックを
付け、なおかつその内容のレベルが低い場合、とてつもなくくだらないことを
やっているように見えてならないのです。
[PR]
by izagon | 2006-05-20 07:36 | 沈思黙考


<< ふと思うこと 物欲団長若干暴走 >>