日本の野球界はいつまで長嶋氏を頼るつもりなんだろう


<長嶋茂雄さん>北京五輪監督要請の意向 野球会議委員長


いつまで頼るつもりなんでしょう?
もう神棚にまつってあげていいと思うのですが。ゆっくりしてもらいましょうよ。

日本代表の監督はONでなければ勤まらない、ということになれば、
日本の野球界の指導者は、上の目標を持ち得ないことになります。
人材の成長を妨げることになります。

そもそも、アテネ五輪予選では、そのカリスマ性こそ光ったものの、
自身の病気で指揮が取れなくなると、本戦では呼び集めたコーチ陣が
無能だったことが明らかになり、まさかの結果になったわけですよね。
健康に問題がある以上、同じ轍を踏む危険は大いにあるわけで、
ちょっとでも頭を使えば長嶋氏という選択はありえないと思うのですが。

サッカーでは、釜本氏も奥寺氏もラモスも、きちんとコーチ法を学んで
(まあ、Jリーグのスター選手は飛び級みたいなのがあるようですが)
チームの指導にあたっています。そして、結果が出なければすぐに
首が飛びます。

日本代表のコーチ、監督になろうと思ったら、きちんとコーチ、監督の
実績を積んでいかないといけないですよね。そして、きちんと結果を
出せるコーチ、監督を選ばないとダメでしょう。

日本の野球界はいつまでもONに頼るのはやめて、将来を見据えて
取り組んでいかないといけないと思います。
[PR]
by izagon | 2006-06-07 12:23 | 沈思黙考


<< 疲労が口の動きを悪くする んー、なんというか >>