『絶望に効くクスリ』を読み返して思ったこと

この作家は、作品開始時点は面白いけど、だんだん劣化していきますな。
いくつか読んだ他の作品も、結末まで読んだ作品がほとんど無い...。

せっかく面白いコンセプトの漫画だったのに、作者の思想信条で全部
塗りつぶしてしまうようになったら、誰と対談したって一緒になっちゃう
よなあ、と、思ったような次第です。
[PR]
by izagon | 2006-07-02 22:22 | 読書日記


<< 斜め上を行ってる夫婦 今日の周回遅れ発言 >>