批判者の意見のほうがいい加減


「新憲法制定」を宣言 安倍氏が出馬表明


安倍氏の意見に反対を表明する人が多いのは結構なことです。
大いに議論していただきたい。

ですが、批判者の意見がいい加減すぎると、かえって批判の対象の側に
有利になるということを意識したほうがいいのではないかと思います。


憲法も教育基本法も、条文を逐一眺めていけば、時代遅れの観は
否めないわけです。

憲法についていえば、代表的なところだけでも環境権やプライバシー権の
規定が無く、現代の社会において求められる内容ではなくなってきています。
幸福追求権から諸権利を派生させるにも、いい加減無理があるわけで。

解釈改憲を追認するかのような意見を散見しますが、
解釈改憲にきわめて批判的だったのは護憲勢力なんですよね。まあ、
なんというか、ご都合主義的なやり方だと思います。
それに、憲法自体に改憲に関する条文があるのに、改憲を悪と
決めつける「護憲」というのも変な話ですよね。

教育基本法にしても、条文を見た上で改正に反対しているとは
思えない意見をしばしば目にします。
制定時点とは社会情勢がまったく違うこととあわせて考えれば、
教育基本法を変えないといけないことは間違い無いんですが...
修正の内容について批判するならともかく、修正そのものに反対する、
という戦略で政策批判をしてしまうと、説得力を大いに損なうと
思います。


外交における親米路線にしても、現時点で最良の選択であることは
間違いありません。
(親北朝鮮はいわずもがな、親中だって絶対に無理ですし、親韓も
効果が無い以上する意味がありません)

では独立路線か?といっても、そうそう簡単ではありません。
目下、日本の最大の安全保障上の脅威である北朝鮮について、
そのミサイルの情報の多くをアメリカに頼っているという
一事からみても、アメリカとの親密な関係を維持することは
不可避です。


安倍氏をはじめ、自民党の政策のほうが、かなり現実的で意味が
あると思わせてしまっては、批判者の行為は逆効果なのでは
ないかと思います。
[PR]
by izagon | 2006-09-03 23:12 | 沈思黙考


<< 職歴と現職をめぐるいろいろ 旅行から帰ってきました >>