憲法と教育基本法を読み直してから改正に反対してほしいなあ


<自民党総裁選>安倍氏、憲法改正は5年以内の実現目指す


憲法が古臭いのは、プライバシー権、環境権の規定が無いことを見ても明らかなんですが。

教育基本法も、時代の変化に対応していないんですが。昭和22年成立ですよ?たとえば、生涯教育に関する規定が無いに等しいんです。少子化一方の社会、過疎化の進む地方への対策も無いんですよ。また、ブラジル人など外国籍の住民が増えている国内の現状にも対応してないんですよ。

改正に反対をうたっている人たちは、憲法、教育基本法に目を通したりしてないんじゃないかでしょうか。憲法、教育の直面している問題もあまり深く考えていないんじゃないでしょうか。

憲法学、行政法、民法の概論あたり、ちょこっとでも勉強してみたら、50年以上前の法律が(その法律下に発された政令そのほかを含め)全体として非常に古臭くなってしまっているのじゃないかと容易に推察ができるんじゃないかと思いますよ。

憲法は9条だけじゃないし、教育基本法の改正はといって、復古主義的な意図を防げばいいというもんじゃないんです。
[PR]
by izagon | 2006-09-12 22:53 | 沈思黙考


<< そろそろ リファイン >>