判決を肯定している人たちの多くが内容を誤読してるように見える


<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決


トラックバックをざっと眺める限り、この判決に肯定的な意見を言っている方々は、
あたかも判決が「国旗・国家を強制するのは違憲だ」としたかのように述べておられる。

しかし、判決は、
「入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは」違憲
と言っているのですよ。国旗・国家が違憲とは言っていないですし、むしろ国旗・国家を
尊重することには意義があるとしているんですよね。

この違いを分かった上で肯定するなら肯定するべきではないでしょうか。

まあ、共同通信なんか「国旗と国歌、義務でない 東京地裁、賠償命令も 」という
タイトルの記事を配信していて、明らかに読者をミスリードしているわけなんで、
普通の人が誤読してしまうのはやむを得ないところがあるとは思います。
[PR]
by izagon | 2006-09-23 06:49 | 沈思黙考


<< プリンタって使わない? オフィスにいて思うこと >>