じみに読書中

これも仕事のうちなのですが、事業の一部がうちの競合になっている会社の、
本を読んでいます。

なんか拍子抜けするほどレベルが低くて、軽いショックを感じています。
まだ、こんなんでいいんだ・・・。

いや、うちの会社(ひいては僕自身)のレベルが高いっていってるわけじゃ
ないんです。
市場が求めているものが、この程度なんだ、というところにちょっとショックを
受けたような次第。

逆に言えば、
僕らは過剰なスペックの商品を提供しようとしているのかもしれない。
的外れな努力をしているのかもしれない。
あるいは、
僕らの商売はまだまだ希望があるってことかもしれない。

ちゃんと市場が分かっていないのかな、という思いがしました。
傲慢な言い草に見えたらすいません。


なお、
本自体は、とても分かりやすく、とっつきやすく書いてあって、いろいろな人に
勧められる出来です。
[PR]
by izagon | 2006-11-27 13:03 | 日記


<< ある日のわが社のミーティング ミーティングが嫌いだ >>