なぜか007

嫁に誘われて007の新作を見てきました。

CMなどで見た限りで、ダニエル・クレイグがちょっと地味ではないかいなと
思っていたのですが、そんなことは無かった。なかなか良かったです。

若かりし頃のショーン・コネリーを彷彿とさせる表情。
厚みのある肉体。
ピアース・ブロスナンも悪くなかったのに、見終わった後の僕は
「ブロスナンはちょっと色男・優男っぽすぎだったなぁ、
007はもうちょっとニヒルでハードボイルドなところが無いといけなかったのだな」
なんて思ってしまいましたよ。

映画全般を見るといろいろ言いたいこともあるのですけど
(ヒロインのドラマがちょっとショボいとことか)、
娯楽作品としてよく出来ていると思いました。
年末にお時間のある方は、ぜひ。
[PR]
by izagon | 2006-12-10 23:11 | 日記


<< 誰かうちの人事に 芸能界ってのはひでえところだなと思う >>