サービスってレベルじゃねーぞの件

うちの会社のサービスが世間一般の最新版・標準版から順調に1年遅れである件を、
どう認識して是正していったらいいものか途方に暮れています。


我が部長の言によれば、
「うちの会社の商品が、世間に認知されて(利益が出るほどの)売上が上がり始めるまで
1年くらいはかかるから、その範囲は見ておかないといけない」

ということなので、会社的には「世間から1年遅れ」であることはなんら問題が無いはず。

でも、商品を開発して製造している僕らは、1年遅れの商品をお客さんに渡さないと
いけないわけで。

良心の痛みを感じないではいられないし、自身の商品開発・製造能力の低下に不安を
感じないでもいられない。


わが社の事業は、いくらでも代替財が見つけられる種類のものだし、価格弾力性も
相当高いと思われるから、・・・

正直、転職も視野に入れるべきではないかと思う次第です。とはいえ、いますぐに
動き出すのは考えが足りなさ過ぎると思うので、もう少し状況を見極めて、
自分が持ちえるオプションについて検討をし、それを手に出来るように努力していこうと
考えています。
[PR]
by izagon | 2006-12-12 13:40 | 日記


<< 嫁に申し訳ないと思う件 誰かうちの人事に >>