他にも思うことはあるのです

まったく個人的な所感で、チラシの裏にでも書いておけばいいことなのでは
あるけど、せっかくのブログだから書いてしまいます。


人間、えらくなると平気でとんでもないことを言うようになるもんですな。
組織のしがらみというのかなんというのか。


たとえば、
銀行屋の偉い人は、政治献金をするにあたって「企業の社会的責任だ」
とか言ってますね。

税金が減免されていることはやむを得ないとしても(銀行屋さんがお金を
まわしてくれないと資本主義社会はうまくまわらないので、さっさと経営を
立て直していただきたいのです)、

CSRをやりたいなら、あんたんとこの消費者金融の、不正な金利とか、
異常な契約の常態をまずなんとかしたらどうかと思ってしまいます。


三菱自動車の裁判後の、被告のコメントも耳を疑いましたよ。
法的責任については、訴訟の当事者として自己の利益を求めるのは
やむを得ないところです。
それにしても、結果として自社から欠陥のある製品を出荷し続けて、
その製品が罪の無い人を傷つけたことについて、社会的な責任を感じて
いないのではないかと思われてなりませんでした。



もちろん、えらくなってもその立場に見合うほどにえらい人というのも
いるわけで、ひとまとめに「えらくはなりたくないものだな」と言い放てば
済むものではないのですけど、「えらくなるのは難しい」とは思う次第です。
[PR]
by izagon | 2006-12-20 10:09 | 日記


<< お高くとまっているお客さん それでもいろいろ思うところはあるのだ >>