アホくさ

今後の作業の見積、顧客との契約の方向について話がありました。
プロジェクトリーダーが、作業者に向けて報告、という感じ
だったのですが・・・


・・・(私をのぞく)作業者全員が、「人月」見積にブーイングをあげました。

いわく、「見積がいい加減すぎる」「作業者に依存するはずなのに
作業者を割り当てる前に人月計算するのはおかしい」

・・・そんなのは作業するときの話で、顧客との契約のときにどうこう
言うことじゃないでしょ。
顧客と話すときはエイヤア!で見積もらざるを得ないのは当然だし、
「作業者に依存する」なんてことは顧客相手には言えないことでしょ。
顧客には顧客で、
「これだけの作業に対して出せる金はこれくらいだな」
という思惑があるわけなのだから、どこが妥当な額かは社内だけで
決められる話ではないじゃない?


もうバカすぎて嫌になっちゃう。
役割とか、ミーティングの意味とか、「人月計算」の意味とか、
もうちょっと考えてみたほうがいいんでないの?
[PR]
by izagon | 2004-06-25 11:23 | 日記


<< なるほど しんしんと >>