「だれが『本』を殺すのか」

佐野眞一著、新潮文庫。

まだ読み始めて3時間あまりですが、
面白いです。ぐいぐい引きつけられます。

出版業界(出版社、取次、書店)、
編集者、
書評、
図書館、
そして「読者」の現在を描こうとしています。

日頃、紀伊国屋にもamazonにも帯、たすきの
思いを持つ私としては、興味深いです。
[PR]
by izagon | 2004-06-27 15:28 | 読書日記


<< 自身の嗜好について知るということ 静かに清く >>