C級ニュースに見えるかもしれないけど


「種明かしは財産権侵害」 マジシャンら2テレビ局提訴


これ、しょーもないC級ニュースに見えるかもしれないけど、なかなか考えさせられます。


「本屋やマジックショップに行けば、いくらでもマジックの種なんか入手できるじゃないか」
とか、「図書館に行けばタダでネタが仕入れられるよ」なんて言い分もありましょうが。

そうまでしてネタを手に入れようという人は、マジシャンとしての心構えを備えているというのが
ポイントです。


マジシャンがネタを披露するとき、どんな心構えを持っているのか。
そしてどんな準備をしているのか。そこを考えると、この訴訟を起こした人たちにも
同情ができるというものです。

マジシャンの信条・心情については、泡坂妻夫の小説『11枚のとらんぷ』または
『奇術探偵曾我佳城』を一読されることをお勧めします。
小説としてとっても面白い上に、マジック業界がわかります。
[PR]
by izagon | 2007-05-01 20:06 | 沈思黙考


<< そんなわけでしみじみと 新居でのんびりしています >>