『読書について』ショーペンハウエル

『読書について』
ショーペンハウエル著、岩波文庫。

高校の現代国語の教科書に小林秀雄の『読書について』という
小文が載っていたのがきっかけで、学校近くの書店で買った本です。
以来十数年が経ちますが、いまでも時々読み返し、そのたびに
新鮮な気持ちになります。
今日の午後、鬱々とした気分に嫌気がさして、ふと本棚から
取り出して読んでみたのですが、やはり面白い本でした。

「読書について」という書名によって喚起される予想に反して、
ショーペンハウエルは読書を礼賛したりはしません。
むしろ濫読を批判しますし、新刊が大量に出版される状況にも
批判的です。
(なんと19世紀に新刊大量出版が批判されているのです!)
簡単に言ってしまえば、よく考えること、よい本を読むことを
勧めているだけなのですが、明晰な文章と機知に富んだ比喩とで、
非常に説得力のある主張になっています。

読書という行為に、なにがしか意味を見出す人は、必読の本だと
思います。


ただ、この本は「グーテンベルグ系」の本なのかな、という気が
さっきしました。
情報が氾濫し、その情報を制するべくgoogleのような検索
サービスが開発される。「本を書く」という作業も、ひとりの著者に
よってなされるばかりでなく、オープンソース式に何人もの著者の
手によって書かれていくのが現代です。
その意味では、「本」というメディアから「本」そのものが飛び出そうと
している時代に、あらたな倫理/道徳/哲学が求められていることを、
反照する本、なのかも知れません。
[PR]
by izagon | 2004-07-09 16:35 | 読書日記


<< うまくいかないね 早く辞めて欲しいなあ >>