嫌いなわりについ眺めてしまう島耕作について

今のシリーズでは、

韓国の企業(サムスンがモデルですね)が、
日本の家電メーカー(明らかにサンヨーがモデルですね)を買収しようとしている、
そこに愛国心を持つ島耕作が会社(松下がモデルですね)を動かして
ホワイトナイトを演じさせようとしている、・・・

というストーリーなわけですが、
現実には韓国経済は破綻を目前にしているし、
サムソンは大規模な贈賄疑惑で揺れているわけですよ。

どんなふうに落とし込んでいくのか若干興味があるんですが、
最近の島耕作はご都合主義がひどいし、ストーリーもあってないようなものに
なってるからなあ。
[PR]
by izagon | 2007-11-25 07:55 | ちらしのうら


<< エコな生活ってそんなに簡単じゃ... これ面白そげなアイデアですね >>