営業同行についてちょっと思ったこと

受注確度が高い状態で、僕に同行を頼む営業と、
受注確度が低い状態で、同行を頼む営業とがいます。

前者は、「受注後の顧客満足度を上げるために」同行させる。
後者は、「受注確度を上げるために」同行させる。

前者のタイプの営業さんは、一緒に会議にいってとても
楽だし、楽しいですね。
彼が顧客も私もコントロールして、受注プロセスを運用して
くれているので、やることもはっきりしていますし、出番も
分かりやすい。

後者のタイプは、ちょっとつらい。
私の営業力を上げる機会だと思って、準備万端整えて、
営業トークも交えつつ、乗り込んでいかないといけません。
[PR]
by izagon | 2008-01-16 10:36 | 沈思黙考


<< ヤッターマン カタカナ語 >>