指揮官無しの戦闘集団

アテネオリンピックに出場する野球の日本代表チームの監督は、
長嶋茂雄氏で変えないそうです。

これは妥当な判断なんでしょうか?
これについて考えたことを述べます。


まず最初に、チームの編成(選手の選考、コーチ陣の選考)を見ると、
長嶋氏はオールスター・チームで野球をしようとしており、
特別に自身の戦略・戦術があってチームを構成したようには
見えません。

どこかでスポーツライターが「長嶋は指揮不要のチームの監督が
一番よく合っている」と皮肉まじりに書いていましたが、同感です。
その意味では、監督不在の状態は、チームに何の影響も与えない、
といえます。

もちろん、選手については、実は私のような素人には分からない、
深くて正確な検討の上で選ばれている可能性があります。
われわれは、長嶋氏の戦術眼をあまりに軽んじている可能性は
否定できません。

それに、戦略だの戦術だの言うよりも、プロ選手(つまり、日本の
頂点の選手たち)が参加する以上、士気を高めて全力でプレーする
チームの体勢を作り上げることができれば、生半可な戦術など
無用なほど、強いチームになるとも思います。

コーチについても同様で、日本トップクラスの選手が集まっている
以上、彼らが技術を教える必要など無いでしょう。
いかに気持ちよく選手にプレーさせるか、その環境作りができれば
いいのであって、技術面などどうでもいいと言えます。

言い換えれば、今回のケースでは「指揮不要のチーム」を構成した上で、
とにかく「士気」を高めることが出来る監督が最高の監督であり、
長嶋氏は最適任者かも知れない、ということができます。

その意味では、先に挙げたスポーツライターの言は、長嶋氏の
監督としての資質と、プロ選手参加のオリンピックチームという
チーム構成とが、まさに適切な組み合わせであることを示唆していた
のかもしれません。


ここまで考えてみると、
「長嶋的戦術」が無いという意味では、監督不在はなんら問題でないが、
「士気を鼓舞する人がいない」という意味では、長嶋氏不在は大きな
痛手と考えられます。
コーチ陣の陣容を見て、長嶋氏に代われる人がいるか、というと、
誰もが疑問を抱くでしょう。
長嶋氏にかわるほどのカリスマ性をもってチームを鼓舞できる人は
いません。

この状況への対応としては、私には2つの方法が考えられます。
-カリスマ性の高い監督を新たに選任する。コーチ陣はそのまま
-監督・コーチ等全面的に再編成

残り時間は短いので、いずれにせよ早く手を付けないといけないでしょう。
ちなみに、「監督は不在のまま」「コーチ陣も変更なし」という現在の
決断は、私には最低・最悪の選択だと思えてなりません。
[PR]
by izagon | 2004-03-16 12:51 | 沈思黙考


<< コメントについて 初級シスアド 午後問題 >>