勝負師

ジーコは、トルシエより勝負師なのではないかと思いました。
トルシエは、試合中、いらだち、身振りをし、わめいています。
ジーコは戦況をじっと、哲学者のような視線で見ています。

日韓W杯のトルコ戦、先発を変えた時点でトルシエジャパンの
負けは決まってしまった。
一方、ジーコはスターティングメンバーを変えませんでした。

単に選手の使い方の問題ではなく、
ジーコはその采配に疑義を投げかけられつつも、チームを
きちんと成熟させたと思います。
戦術的に、というより、精神的に。

もちろん、それはジーコ一人のチカラではなく、Jリーグのレベル
アップという背景があったからと言えます。
しかし、今の日本がトルシエのように戦術を強制する監督に
率いられていたら、きっと日本サッカーの進歩は5年遅れたのでは
ないでしょうか?
[PR]
by izagon | 2004-08-04 23:30 | 日記


<< 遅れ 焼きトマト失敗 >>