観察と経験に基づく、カラオケでの選曲による性格診断

ごたいそうなタイトルほどの話じゃないかな。

きっと、読者諸兄も、自身の経験と照らし合わせてみれば、
「カラオケでの選曲」なんてものでも人間のタイプは分類できるし、
そこから性格を読み取ることもできるのじゃないかと思います。

たとえば、
昨夜のカラオケには、下記のような人たちがいました
(思い出せる分のみ)。

一人目。女性です。歌ったのは、
-松浦亜弥
-モーニング娘。
-Dreams come true
-(アニメソングつながりのときに)キューティーハニー
こんな感じだったかな。

二人目。男性です。歌ったのは、
-2億4千万の瞳
-サザンオールスターズ
-MISIA(ただしアルバム曲、誰も知らなかった)
-アニメソングは断固として歌わなかった
ほか。

三人目。男性です。
-GLAY
-ミスターチルドレン
-イエローモンキー
-(アニメソングつながりのときに)哀戦士

四人目。女性です。
-相川七瀬
-石川さゆり(天城越え、レゲエバージョン)
-BAKU(私、このパンクバンド(?)よく知りませんが、昔中学の
同窓会か何かで熱唱していた女の子がいたのを思い出しました)

五人目。男性です。というか私です。
-ウルフルズ
-クィーン(We will rock you)
-Runner(爆風スランプ)
-デビルマン(アニメソングつながりは私が仕掛けた)

一人目と二人目は非常に平均的な人たちですね。カラオケの
常識的な楽しみ方を心得ておられる、という感じ。
一人目の女性はもしかすると「お姫様」の気があるかも
知れません。このタイプの女性は男性にエスコートされるのが
当然、と考えているフシがあります。私は苦手なのでこういう
人には近付きません。
二人目の男性は、かなり平均的ですねえ。でも、家庭を
もったら堅実だし、仕事も手堅いので、旦那にするには
適しているのじゃなかろうかと愚考する次第です。

三人目も平均に近いが、若干自意識過剰気味です。
「君の歌も選曲も、君が思うほどには誰も気にしていない」と
言ってあげたいがそれは余計なお世話なので言いません。

四人目は厄介なタイプです。このタイプの人は、恋に落ちると
情熱的になって、世間の良識すら見失いがち。簡単にいって
しまえば、うっかり不倫関係になってたりします(これ、適当に
言ってるわけじゃなく、ほとんど同じ選曲をしていた知り合いの
女の子がそうだった)。
ただ、色恋沙汰になっていない状況では、男にとって友達
付き合いのしやすい女性でもあります。

五人目は、カラオケを半分バカにしている人です。
「カラオケなんぞ真面目くさって歌うものではない」
「こんなものは場を盛り上げるための道具にすぎない」と
割り切っています。また、趣味のように自己韜晦するで、どんな
人間なのか、まわりからはなかなか分かりません。
実際は大した人間ではないので、興味を持つだけ無駄という
ものでしょう。
[PR]
by izagon | 2004-08-08 23:18 | 沈思黙考


<< はっきりさせろい 中国の政治的近代化 >>