変調に弱い私

奇妙な運命の変調

日に日に、「あんないい子は俺にはもったいないんじゃなかろうか」
という思いが募っております。

この思いが、僕自身の精神に巣食う天邪鬼のなせるわざなのか、
心底そう思っているのか、いまひとつ分かりません。
[PR]
by izagon | 2004-08-19 15:20 | 日記


<< 相変わらず韓国という国は ここで少し違う考えかたも >>