『シャーロック・ホームズの思い出』

言わずと知れたシャーロック・ホームズもの、第二短編集です。
たぶん小学生の頃に一度眺めているのですが、これもほとんど
記憶になく、新鮮な気持ちで読みました。
また、何作かは既にDVDで映像を見ていたのですが、DVD版は
ならではの脚色がなされていて、これもまた普通に読むことが
出来ました。逆に、映像と、原作の描写からの想像を比較して
楽しむこともできました。たとえば、ホームズの兄マイクロフトは、
映像ではちょっと太り過ぎだと思いました。

兄弟が登場したり、ホームズが失敗するエピソードがあったり、
ホームズ第一の事件があったり、読みどころの多い短編集です。

秋の夜長に、一晩に1話ずつ読むというのもいいのじゃないかと
思います。
[PR]
by izagon | 2004-08-31 21:00 | 読書日記


<< 映画『ラバーズ』 帰郷してました >>