映画『ラバーズ』

チャン・ツイイーはとてもきれいでした。
(あえて文句を付けるなら、ちょっとムネが小さいかなあ。
アホですみません)

映像もとてもきれいでした。
ラスト近く、金城武が騎馬で森の前にたたずむシーンなど、
とても印象的でした。

...が。
映画としては最低レベルだと思います。

CG使い過ぎでリアリティーはまるでなし。私はあんまりな
映像に笑ってしまいました。

また、脚本がひどくてひどくて、...ネタばれになりますから
詳述しませんが、たとえばCMで「謀(はかりごと)」なんて
言ってますけど、「こんな意味の無い計略を使うバカが
どこにいますか!」って感じなんです。

きれいな絵、きれいな女性を見たい方にはお勧めしますが、
それ以外は見るところはありません。
できれば他の映画を見ることをお勧めします。
[PR]
by izagon | 2004-08-31 21:06 | 日記


<< 『幻獣遁走曲』 『シャーロック・ホームズの思い出』 >>