紙爆弾

ネットに転載されたスポーツ新聞の記事の見出しの中に、
「紙爆弾」の語があるのを発見したので、読んでみました。

記事は、プロ野球選手会会長・古田選手が、ストを視野に
入れつつ、今後どのようにオーナーたちに働きかけていくかを
まとめたものでした。
その記事では、「紙爆弾」は「100万人分に近い量の、
ファンからの署名」を指して使われていました。

「紙爆弾」といえば我々の業界では、「(ビジネスコンサルタントが
作成する)大量の紙資料。現状の業務プロセスの記述など、
本質的には不要な部分も多いもの」を指します。

それとは全く違う意味で使われているわけで、(なるほど、
こうやって一つの語に複数の意味、含意がこめられていく
わけなのか)と思いました。
[PR]
by izagon | 2004-09-04 01:00 | 沈思黙考


<< NHK教育のカリキュラム 夜中にイヤなもの見ちまった >>