カテゴリ:沈思黙考( 747 )

エコな生活ってそんなに簡単じゃないよね

ここ数ヶ月、小麦など穀物の高騰が言われておりますが、大きな原因ってのが
バイオ燃料をめぐる投資家の思惑なんですよね。

ガソリンにかわる代替燃料として穀物が注目された結果、食料の価格が上がり、
普通の生活者の生活を圧迫しているわけです。

こういう状況において、エコロジストたちはどんな対策を講じてくれるんでしょうか。
・・・まさか、計画経済???
[PR]
by izagon | 2007-11-26 14:06 | 沈思黙考

今週のお客さん

あるお客さんは、自社の問題を真摯に受け止めて、我々のビジネスを利用しようと
熱心でした。こういう方々との仕事は、とても勉強になるしありがたいですね。

また別のお客さんは、終始ふんぞりかえって傲慢でした。周囲の人々に、そんな
態度を示してしまって大丈夫なのか?!と思ってしまうほどでした。

まあ、後者の方はある日本を代表するような大企業におつとめなんですが、僕は
内心で(この人は会社名で仕事をしているんだろうなあ)と思ってしまいました。
その点で、僕もちょっと傲慢だったかもしれない。


で、前者と後者が同じグループの企業の方だっていうところが個人的に面白かった。
前者はグループ内での古参。というか中核。
前者はグループ内で新参。今、イケイケドンドンなノリで仕事をしています。
同じグループ企業でも、やっぱり各社の性格が出てくるんでしょうね。
[PR]
by izagon | 2007-11-17 21:34 | 沈思黙考

船場吉兆

パートだの仕入れ先だの他人のせいにして逃げればどうにかなると思ったら
違うよねえ。

たとえそれが事実だったとしても、
「うちんところでは近代的な組織としてあるべき近代的な管理をしていません、
 できてません」
ということが証明されるだけなわけだから。

「そんな適当な組織が、まともに衛生管理・品質管理をしているとは思えん」
と思われるのが関の山なんですけど。というか僕はそう思ってるんですけど。
ま、もともとそんな高級店には縁が無い貧乏人なんですけど。
[PR]
by izagon | 2007-11-15 12:34 | 沈思黙考

電車の中でananを読んでいた女の子

(今週のアンアンの特集は『男の心に入り込むテクニック』ですか。
狙っている男のタイプに応じて使い分けるのね。
・・・うーん。そういうのって家で読んだ方がいいんじゃねえ?)

と、30代既婚のおっさんである僕は思ったのでありました。

なんか、電車の中で化粧をしているのを見せられているのに似た、
なんというか・・・貧乏くさいというか、哀れというか、考えが足りない
感じがするというか、浅ましいというか、・・・そんな感じがして、
いたたまれなかったです。
[PR]
by izagon | 2007-10-26 20:28 | 沈思黙考

あんまり度を過ぎていると

お客さんから送られてきたRFPを読んで、うちの会社の製品でどうにかなるか
調べるって仕事をしてみたら、とんでもなく桁違いな要求が挙げられていて
失笑してしまいました。こんな条件で受注できる会社は世界中どこを探しても
無いよ。あったとしたら騙されてるだけだよ。

世界に冠たる、日本の大企業のRFPなんですがねえ・・・。
末端に来ると世間を知らない天狗がいたりするってことなんでしょうか。

あんまり度を過ぎていると、RFPひとつでも他人にバカをさらすことになる、と
痛感したような次第です。
[PR]
by izagon | 2007-10-26 16:49 | 沈思黙考

買ったもの

買った物を記録していって、無駄遣いを減らしてみたい・・・
と思いついたわけです。例のダイエット方法と同じですね。

でもって、このブログに「買った物」というカテゴリを作って、
記録をしていこうか・・・と思ったんですが、考えてみたら
「買った物」って結構プライバシーに踏み込んでますよね。

「この消費社会においては、『買った物』はすなわち『本人』である」

とか、哲学者とか社会学者が言ってそうなことですが、
まあそこまで力まないでも、買った物がバレバレってあんまり
いい気分はしないかもしれない。


非公開の投稿にすればいいか。
[PR]
by izagon | 2007-10-17 23:01 | 沈思黙考

著作権問題について、久々にまともなニュースを見た

著作権保護期間の延長、経済学的には「損」 「毒入りのケーキ」が再創造を阻むhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/15/news010.html

コピーワンスとか70年に延長とか世の中を不便にし続けるコンテンツ業界、家電業界の
皆さんは、目をかっぽじってよーくこの記事と記事が言及している研究を見ていただきたいと、
かく思うのであります。
[PR]
by izagon | 2007-10-15 16:07 | 沈思黙考

小人の余計なお世話だとは思うけど

中田ヒデはあの年齢で人生終わらせてしまってないかね?
大丈夫なんだろうか?

若いうちに名誉と大金を得て、生活に困らないのはうらやましいけど、
なんか今の彼の生き方にはあこがれないし、共感できるところも無いなあ。

首都圏のしがないサラリーマンには想像を超えた生き方なんだろうけどね。

さて、刺身のツマを乗せる仕事に戻りますか。
[PR]
by izagon | 2007-10-08 06:23 | 沈思黙考

エンジニアが転職する傾向って止まらないよね?

ある会社の偉いヒトが、
「オープンソースコミュニティ活動に参加するのを推奨すれば、会社にも残るようになる」
という論文を書いてネットに公開したけど当然反響はありませんでした。

はてなの社長は
「コミュニティ活動より会社のほうがおもしろくなればいいんじゃない?」
と言いました。


どちらが正しいかは置いておいて、別のはなし。

オープン系のエンジニアは、仕事のため、学習のために、多くの本を読み、Webサイトに
アクセスします。
洋の東西を問わず、こういう情報源を見ていると、その著者たちが、フリーの
エンジニアであったり、いくつかの会社を渡り歩いて自ら起業していたりするのに
気づきます。


彼らは、読者にとってのロールモデルを提示しています。
腕のいいエンジニア、少しものの書けるエンジニア、ひろくネットワークをはれる
エンジニアは、会社に束縛されないでも仕事ができる、というロールモデルです。

こうした状況では、会社がどんなふうに働きかけようとも、定着を促すにも
限界があると考えられないでしょうか。
[PR]
by izagon | 2007-09-28 21:46 | 沈思黙考

Remember the milkでToDoリストを管理しているわけですが

ToDoリストを使ってもろもろ管理をはじめたわけですが、どうも最近気分が悪い。
なぜなんだ?と考えてみたら、完了のチェックがなかなか付かないからでした。

特に今回気づいたのは、思いつくまま、どんどんToDoリストに追加をしていくことは
大変良いことなんだけれど、そのToDoアイテムが「どうなったら完了なのか」を
きちんと定義していないと、いけないということですね。

「どうなったら完了なのか」はっきりしないと、いつまでたってもそのアイテムは
リストに残り続けてしまう。これは気分が悪いですね。

リストについては、適宜洗練していかないといけない、とあらためて思った次第です。
[PR]
by izagon | 2007-09-27 10:58 | 沈思黙考