カテゴリ:沈思黙考( 747 )

悪口の響き方

自分が言った他人の悪口が、思わぬ形で周囲に響いていることに
気づかされました。

仕事上で付き合いのある人に、一箇所とっても扱いにくいところがあって、
面倒かけさせられていたのですよ。
悪い人ではないと思っているし、ずいぶん勉強もさせてもらったのですが、
私の口からは悪口のほうがずいぶん出てしまっていたようで。

今回、仕事上の付き合いが無くなることになったのですが、
私の周囲の人から
「おめでとう!これであの人から面倒なことを言われることもなくなるね」
と言われてみて、(ああ、悪口の方が迅速に、大きく響き渡るものなのだな)と
思いました。


してみると、これまでそこかしこで悪口を言い続けてきた僕は、
ずいぶんひどいことをしてきたものだと思います。

そろそろ僕も大人にならないといけない、と思いました。
[PR]
by izagon | 2007-05-17 13:01 | 沈思黙考

C級ニュースに見えるかもしれないけど


「種明かしは財産権侵害」 マジシャンら2テレビ局提訴


これ、しょーもないC級ニュースに見えるかもしれないけど、なかなか考えさせられます。


「本屋やマジックショップに行けば、いくらでもマジックの種なんか入手できるじゃないか」
とか、「図書館に行けばタダでネタが仕入れられるよ」なんて言い分もありましょうが。

そうまでしてネタを手に入れようという人は、マジシャンとしての心構えを備えているというのが
ポイントです。


マジシャンがネタを披露するとき、どんな心構えを持っているのか。
そしてどんな準備をしているのか。そこを考えると、この訴訟を起こした人たちにも
同情ができるというものです。

マジシャンの信条・心情については、泡坂妻夫の小説『11枚のとらんぷ』または
『奇術探偵曾我佳城』を一読されることをお勧めします。
小説としてとっても面白い上に、マジック業界がわかります。
[PR]
by izagon | 2007-05-01 20:06 | 沈思黙考

嫁いわく

藤子F不二雄大先生の作品を買い込んでドはまり中の我が家にて、
我が妻のいうには、
「面白すぎて、読み終わるのがもったいないような気がする」

・・・大事ですよね、こういう気持ちって。
僕は、本でさえも、つい「消費」の対象として、「大量消費こそ気持ちいい」
とばかりに本を沢山買い込んで、読み散らしてしまうのです。
でも、本が少なからぬ感動を与えてくれるもので、得がたい体験を
与えてくれるものだと思えば、そんなふうに適当に扱うのは不当です。

本、読書をもっと大切にしないといかんと思った次第であります。
[PR]
by izagon | 2007-04-21 06:15 | 沈思黙考

明るくない予言

朝の小田急線新宿駅を使うたびに思うのですが、
いつか大きな事故が起きる気がするのです。


ひどい混雑、
駅係員の減少・勤務体系の変化、
利用者の年齢層・社会階層の多様化、
女性専用車両など新たな複雑性、

ギリギリで動いているシステムの歯車が、
どこかで静かに狂いはじめ、最悪の事態へと
走り始めてしまうようなイメージが、


おしあいへしあいしている車両の中で、どうしても
頭をよぎるのであります。
杞憂ならいいのですけど。

それにしても、あの車両に、あのホームに、小田急の
社長とか取締役とか、乗ってみたことあるのかなあ。
[PR]
by izagon | 2007-04-18 08:47 | 沈思黙考

プロダクトアウト

うちの会社の、僕の上司筋にあたる人の企画が、ことごとく
プロダクトアウト的な発想で出来てます。

とてもいい人ですし、作る製品も隙が無くて品質がいいんですけど、
それは売れないよ、と思うんですよね。


マーケットが求めているものを知り、売れる企画を立てて、
その上でこの人が仕事をしたら、すげーいい流れなんだと思います。

僕が言ってもいいのかな?
さらに上の上司がちゃんとコントロールしてくれれば、僕がこんなに
気を揉むことも無いんですがね。
[PR]
by izagon | 2007-04-06 16:21 | 沈思黙考

めざましテレビに物申したい

頼むからニュースをやってくれよ。
芸能ニュースとスポーツニュースばっかりじゃん。

それと、
他局(とくにNHK)は、フジテレビに追随するの禁止。
真面目にやってよ、テレビ局。
[PR]
by izagon | 2007-04-06 07:34 | 沈思黙考

反省

隣の部署のトラブル、聞こえてくる消息によれば、かなりシャレにならない状況だったらしい。
面白がってしまった自分を反省します。
[PR]
by izagon | 2007-04-02 15:55 | 沈思黙考

「若作り」という言葉のネガティブな印象は無くなったのかな

通勤時に、異様な若作りをよく見かけるようになったのですが、
これは僕が歳をとって、人の年齢に過敏になったからでしょうかね。

あるいは、「若作り」という言葉のネガティブな印象は無くなったのかな、
とも思うわけですけれども。
[PR]
by izagon | 2007-03-30 11:12 | 沈思黙考

のんきな仕事もあったものだなあ

某公的機関で働く友人のブログを見ていたら、
「組合活動でどうした」「こうした」
なんて記述が。

いや、労働組合は大事だけど、政治活動ってどうよ?
[PR]
by izagon | 2007-03-20 12:48 | 沈思黙考

自社について見直す

昨日、同業他社の人と仕事の話をする機会がありました。

ちょっと隙間産業の匂いのする我が業界ですから、それなりに期待して
出かけて行ったのですが、思いもよらない収穫がありましたよ。


いや、うちの会社、現場レベルの仕事は優秀ですよ。
ビジネス的にはダメなことになっちゃってるわが社だけど、現場の
品質は他社に比べて格段に高いのかもしれないな、と思いました。
[PR]
by izagon | 2007-03-20 07:38 | 沈思黙考