<   2004年 06月 ( 65 )   > この月の画像一覧

よっし

現在のプロジェクトからリリースされることが確定いたしました。
いやっほう。
やったね。

今夜東京に帰ります。
[PR]
by izagon | 2004-06-30 16:06 | 日記

うぉー

午後になっても、やっぱりやることないっす。
[PR]
by izagon | 2004-06-30 13:50 | 日記

今日もまた

暇です。やることないっす。
頼むから東京に帰してくれ。
[PR]
by izagon | 2004-06-30 12:22 | 日記

悲痛な独白

NumberWeb プロ野球偏愛月報 小関順二氏
『球団合併、動き出した船は止まらない・・・』
http://number.goo.ne.jp/baseball/npb/geppo/20040629.html

オリックス、近鉄の合併をきっかけに、1リーグ10球団へ向かおうとしている
日本プロ野球界について、次の2点を論拠に批判しています。

・選手数が減る(レギュラープレーヤー×チーム数)ことによってプロ野球選手の
 門戸が狭くなる(結果、アマチュアで派手な実績を残せなかった選手は、
 プロ野球に入ることすらできなくなる)
・チーム合併によって発生した、リストラ組の選手が、若手選手の機会を奪う

文章として非常に冷静ですが、行間からはプロ野球を愛する著者の
悲痛な思いが染み出てくるようです。

こういう人の声は、
・赤字を解消する工夫の足りない経営者たち
・人気にあぐらをかいている傲慢な経営者
・野球界の発展を考えず、年俸分ほども働かない選手たち
には届かないのでしょうか。
[PR]
by izagon | 2004-06-29 17:47 | 沈思黙考

暑い、だるい、暇だ・・・

やることないっす。
[PR]
by izagon | 2004-06-29 17:18 | 日記

WindowsPC欲しくなってきた・・・

研究用にWindowsPC欲しくなってきました。
[PR]
by izagon | 2004-06-29 13:10 | 物欲団長

先生、

先生、うちの会社の技術担当役員がバカなんです。

うちの会社には、2つのオフィスがあります。
2つのオフィス間は歩いて数分の近さです。
片方が本社オフィスで、こちらにはそれなりの人数が働いています。
もう一方は、私が働くシステム開発チームのオフィス。
12人ほどが、狭いオフィスに押し込められています。
私が提案して、ここの間に、VPN接続を張ろうとしたのですが・・・

うちの役員いわく、
「VPN張るなら、システム開発オフィスからのADSL
接続は止めろ。経費を節約する。
本社オフィスは光接続だから、速度は出るだろ」


・・・バカです。
このネットワークを実装したら、システム開発オフィスのマシンは
インターネットに接続するのに

LAN->(インターネット上のVPN)->本社LAN->インターネット

という経路をたどることになります。
バカです。本当にバカバカしい。
こんなのでは、接続のスピードも品質も出るわけが無いです。
こんな接続を本気でやらせようとしている技術担当役員って・・・

本気で暗い気分になりました。
[PR]
by izagon | 2004-06-29 09:55 | 日記

自身の嗜好について知るということ

合コンなどで「好みのタイプは?」なんて聞かれると私は
思い切り困ってしまうのです。
相手に気兼ねするとか、戦略的に考えて、とかいうことでなく、
自分の好みなんてよう分からん、のです。
これまで好きになった人を思い起こしてみても、特に
共通点は見当たらないですし。

そんな私ですが、
今日、書店めぐりの帰りに大手カフェチェーンに寄って、
コーヒーをすすりながら、店員の女性を眺めてふと思いました。

(チノパンにTシャツみたいなカジュアルなファッションに、
素っ気ない化粧と髪型。こういう格好が似合う人が、
俺って好きなのかも)

でも、私は、書店めぐりの前に、靴下を買おうと思って
寄ったお店の店員にも(うっかり)ときめいてたんですよね。
その子はファッション業界の人らしくおしゃれな服装で、
きちんと(それなりにギャルっぽく)化粧もしていました。
けれど、色白でちょっとぽっちゃりしていて、...(少々悶々)


ということで、私の好みは
「色白で(若干)ぽっちゃりしていて、質素な服装と化粧を
した女性」ということのようです。
人柄としては、...何か目標やこだわりがあって
頑張っている人がいいなあ。でもそれでいてゆとりがあって、
自分にも周囲の人にも厳しくなりすぎないでいられる人。

...Weblogで何を言ってるんでしょうか私は。
[PR]
by izagon | 2004-06-27 15:45 | 沈思黙考

「だれが『本』を殺すのか」

佐野眞一著、新潮文庫。

まだ読み始めて3時間あまりですが、
面白いです。ぐいぐい引きつけられます。

出版業界(出版社、取次、書店)、
編集者、
書評、
図書館、
そして「読者」の現在を描こうとしています。

日頃、紀伊国屋にもamazonにも帯、たすきの
思いを持つ私としては、興味深いです。
[PR]
by izagon | 2004-06-27 15:28 | 読書日記

静かに清く

静かに清く自己を保持せよ。
自分のまわりは荒れるに任せよ。
君が自分が人間であることを認めれば認めるほど
君の姿は神に似てくる。


ゲーテが何かの作品で書いた言葉
...として記憶しているのですが、もとの作品を読んだことはないし、
そもそもゲーテの言葉だったかどうかも定かではありません。

ときどき思い出して心のなぐさめにしています。


自身の未熟さ、愚劣さ、卑怯さ、
自身の境遇(自分の希望との落差)、孤独感、
そういうものに押しつぶされそうになったり、
いつか押しつぶされてしまうのじゃないかと
不安になるとき、この言葉を思い出すと救われる気がするのです。

今は幸いなことに、いくつか野心があったり、
ささやかに懐かしく恋しく思う人もいて(相手にされてないけど)、
どうにか心の平静を保ち、struggleしながら生きています。


ちょっと内向的すぎますかね。
[PR]
by izagon | 2004-06-26 15:33 | 沈思黙考