<   2004年 07月 ( 88 )   > この月の画像一覧

夏の椿事

今日はすんごい美人とデートでした。

...オチは今のところありません。
本当にデートしたんだよ信じてくれよ頼むよ...
[PR]
by izagon | 2004-07-31 17:50 | 日記

ドル高

105円のときにドルをちょっと(10万円ばかり)買ったのですが、
いつのまにか112円まで来てました。
小額なのでなんてことはありませんが、悪い気はしないです。
もちろん浮かれもしません。

むしろ、このくらいの上下をばんばんしてくれる為替の怖さというのは
感じますねえ。
[PR]
by izagon | 2004-07-30 14:25 | 日記

考えてみると

ナベツネさん、あれでも経営者なんですよねえ。
新聞社っていうのは、あんな感覚でも経営できてしまうものなんだなあ。
私も新聞社作ってみようかしらん。

・・・あ、メルマガって新聞社みたいなものですかね。
私もいってみれば出版社(者か?)のはしくれ。70人ほどの読者に
メッセージを送るメディアを持っているわけです。
便利でいい世の中ですねえ。

このWeblogにも毎日(延べ)30人あまりのアクセスがあります。
これほどの人が読んでくれるというのはありがたいことです。

相変わらずこのページが何の役に立つかは定かではありませんけど・・・
[PR]
by izagon | 2004-07-30 11:23 | 日記

内幕

私はときどきGoogleで"izagon"をキーワードに検索をかけます。
当然ながらこのWeblogサイトがトップです。
つづいて、このWeblogサイトの記事にリンクを付けた、私のメール
マガジンのサイトが第2位。

以下はわりと変動しますが、まぐまぐのメールマガジンのページが上位です。

ときどき検索サイトの結果が、ノイズのように入ってきます。
あと、このWeblogを気に入ってくださっている方のWeblogがいくつか。

ずうっと気になっているのが、どこかの国の言葉で書かれたWebサイトに
izagonという単語が使われていて、この検索にヒットしてきます。
自分のニックネームが、どこかの国では正しい言葉である、というのは
不思議な感じです。
[PR]
by izagon | 2004-07-29 17:04 | 沈思黙考

健康診断

身長・体重・視力・血液検査・尿検査・胸部X線。

相変わらず某健康組合の受付嬢・看護婦さんは
キュートでした。
[PR]
by izagon | 2004-07-29 15:45 | 日記

なぜこんなに

我が社はマーケティングは非常に上手らしいのですが、
それなのになぜこんなに商売が下手なのでしょうか?

・・・マーケティング、というより「広報」のレベル、
ってことなんでしょうな。
[PR]
by izagon | 2004-07-29 10:29 | 沈思黙考

PQテスト?

2004/7/28、TBSで「PQテスト」という番組が放送されています。

この手のクイズが好きな私にとって、もはや思考力を競うものでなく、
記憶力の問題なんですよね。
そういう人、多いんじゃないかしらん?

スイッチと灯りの問題などは、I2という会社の面接試験でも出された、
メジャーな問題です(なぜ知っているかというと、私がこの会社を
受けたことがあるからです。落ちました)。
[PR]
by izagon | 2004-07-28 21:27 | 沈思黙考

使えない?

なんだか使えない野郎なのかなこのHという若者は・・・

と、思うようなことがありましたとさ。
彼の作業を斜めから見ていると、そう思わざるを得ないかな・・・
いやな感じ。
[PR]
by izagon | 2004-07-28 10:50 | 日記

もしかして、ちょっと夜郎自大ではないですか?

中曽根元首相の近著のタイトル、
『自省録』

・・・

古代ローマ帝国の哲人皇帝、マルクス・アウレリウスの本の
タイトルと同じなんですよね。
政治家であった自身を、アウレリウスになぞらえたのだと
したら、・・・ちょっと違うんでないの?と思いました。

「比例区生涯1位」なんて約束をさせて、権力やら名誉やらに
執着した爺さんが、禁欲を旨とするストア学派の大哲人と、
自分を並べて見せようなんて、失笑してしまうのですが・・・

まあ、
首相としての仕事については、私はきちんと評価できるほどの
材料を持たないし、石原慎太郎氏など中曽根氏を高く評価も
しているので、野郎自大は言いすぎかも知れません。
私が物を分かっていないのかもしれない。

が、なにしろ幼少期の私にとって中曽根氏は「バーコードハゲの
えらそうなおっさん」でしたからねえ(笑)


それにしても、中曽根氏もいい加減舌がもつれてきている
ようだし、そろそろ表舞台から退いてもいいのではないかと
思うのですが、どうでしょう?
[PR]
by izagon | 2004-07-27 18:28 | 日記

株価によって求められる時価総額

Googleの公募価格が明らかになってきました。
・・・時価総額で見るとかなり不可解に思うのは私だけ?
googleの検索サイトとしてのプレゼンス、ブランドは
絶対的だとは思うのですが、儲かる仕組みになるのかというと
疑問符を付けたいのです。

私などはGoogleはお金がらみのところが無い(見えにくい?)
ので愛用しているので、これでゴテゴテとその手の機能が
付加されていったら、他に移ります。
本当に、彼らはどうやって大きく儲けるつもりなんだろう?

人気が出るのは分かりますが、現在価値は過大評価なのでは
ないかと他人事ながら心配になってしまいます。
[PR]
by izagon | 2004-07-27 16:32 | 日記