<   2004年 11月 ( 127 )   > この月の画像一覧

特技と呼んでよいものか?

私は、文庫本のページを見るだけで、どこの文庫なのか
(講談社なのか新潮社なのか集英社なのか岩波なのか)
分かります。

これって特技と呼んでいいものでしょうか?
ある程度以上本を読む人なら誰にでもできそうなこと
ではあるので、特技とまではいかないかなーと思って
いるのですが・・・
[PR]
by izagon | 2004-11-30 14:45 | 読書日記

やるねえ!

Excite エキサイト : 国際ニュース

韓国のお受験事情といったらすごいわけで、そのせいか
学生も極めて優秀なんです(私が学生時代に知り合った
ソウル大学大学院生は、アメリカへの留学経験があり、
英語とドイツ語と日本語をしゃべりましたっけ)。
けど、いやー、不正も大規模でグレートですね!


まったく違う話ですが、韓国では、仏教寺院が大々的に
合格祈願をやっています。
シーズンになるとお寺はえらいことになっていて、
「現世利益に走ってるのは日本の仏教だけじゃないよねー」
というなごんだ気持ちになれます。
[PR]
by izagon | 2004-11-30 14:34 | 日記

面通し

まあ満足できる物件が見つかったので、
親に見てもらって(一応お金出してもらう身ですから)、
了解もらってさくっと買ってしまおうかと。
かように思う次第であります。
[PR]
by izagon | 2004-11-30 11:04

不合格通知

山形浩生
http://cruel.org/jindex.html
自身のWebサイトで、無線に関する資格の不合格通知を公開して
いるんですが、面白いかも、これ。
僕も簿記3級の不合格通知が来たらアップしてみようっと。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 20:06 | 日記

あらら・・・

私が現在の職場に転職してくる前に、「社員の話を直接聞きたい」と
紹介会社を通じて依頼をかけ、飲み会を開いてもらったことが
あります。

そのとき一緒に飲んだ人が4人いて、既にそのうち2人が辞めて
いたのですが、さきほど、もう1人が辞める方向で職探しをしている
ということが分かりました。メッセンジャーで内緒の会話をしたと
いうわけです。

いわく、「izagonさんに話をしたときは、『これからいい方向に
向かう』と思っていたけど、逆にレベルが下がった」・・・

スゴい表現だよねぇ・・・なかなか衝撃的でした。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 19:59 | 日記

はしかなら

ヨン様ブームに沸くおバカな奥様がたに送る川柳を作りました。

はしかなら はやくなおれと 父が言い


・・・正直、うっとうしいです。
半年もすれば次のブームが来るのは分かってるんですがねえ。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 19:51 | 日記

なるほどー

amazonで買ってはいけない?!
http://www1.harenet.ne.jp/~mimjun/amazon/Amazon.html

私も、知らないうちに発送予定日が変えられていたことが
ありました。

私は『誰が本を殺すのか』という本を読んで、日本の
出版事情、配本事情を多少知っていたことがあって、

「ま、バックヤードがダメだから、本が手に入らないなんて
 当たり前だよねー」

と思ってあんまり気にしていなかったのですが、CDやDVDでも
起きてるんですねえ。
これはいい教訓になりました。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 19:36 | 日記

左翼な人たちのびっくりするような無神経

Excite エキサイト : 政治ニュース

そもそも、「従軍」と「慰安婦」という言葉が一つになってる時点で
かなり違和感がありますよね。「従軍」というのは、「軍に付き従う」
という意味ですよ?どこの国の軍隊が、わざわざ自前で慰安婦を連れて
歩き回りますかっての。こんなもののためにわざわざロジスティクスに
負荷をかけるようなバカなはなしはありません。

ためしに「従軍」という語をgooの国語辞典で引いてみたのですが、
関連語として「従軍慰安婦」が出ていて、「女子挺身隊の名で」だの
なんだのと、かなり間違った記述が載っていて愕然としました。
三省堂の大辞林が出典だそうです。
大辞林、まじいでしょそんないい加減なんじゃ・・・

あ、いちおう書きますが、「慰安婦」がいて、それを軍隊が利用した
(もちろん強制ではない)ことは事実だと私は認めます。
それが不幸なことであったのは認めるし、そういう人たちの痛みが
和らぐことを願うものです。

が、「従軍慰安婦」なんてものは後日こじつけられた呼称で、歴史的には
あんまり妥当な語ではないと考えます。
この語が教科書(そもそも中学生の歴史教科書に「慰安婦」なんてものを
載せる人間の気が知れないけど)から減ったのを評価するのは、担当する
国務大臣として妥当だと思うし、日本の政治家なら当然のことだと思います。

「従軍慰安婦」なんて概念を捏造する左翼の人たちの無神経は、若者が
近代の歴史を学ぶことに嫌悪感を抱かせるようになる上、さらに本当の
ところ朝鮮の人たちをバカにしていると思うんですけどね。どうでしょう。


でもって、いつものとおり韓国ではお騒ぎになっておられるようですが、
わざわざ他人の国の教科書の記述について云々するのはやめてもらいたい
ものですよ、ほんとに。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 15:48 | 沈思黙考

紙ゴミ

隣の席のKさんが、出張中に入手した『Wedge』という雑誌の、
SE・プログラマに関する記事を読ませてくれました。
はっきりいって、ゴミみたいな記事です。こんなものを誰が
書いたんだろう、と思ったのですが、署名記事ではなかったので
名指ししてやることができません。残念。


「日本人SE・プログラマは、インド・中国の技術者に比べて
 劣る。近いうちに彼らは失業する」
という大きな主張があり、その根拠として次の2点を挙げています。

-日本人のSE・プログラマは「ハッキング力」が低い
-英語力が無い

まず、英語力が無いのはまあ認めざるを得ないところですが、
記事では「技術系の英語力はあるが、経営に関わるトピックになると
全くダメ」なんて評価をしていて、かえって「はぁ?」な感じです。
日本の会社の情報システムを作るのに、その会社の経営に関わるひと
たちと英語でしゃべらないといけない理由が分かりません。
海外のソフトウェアを利用するときに英語を使う必要はありますが、
それこそ技術系の英語で十分です。

また、「ハッキング力」というのはかなり謎な言葉で、こんな言葉は
私ははじめて見ました。記事を読むと、どうやら
-現在のソフトウェアは、コンポーネント化が進んでいる
-「ハッキング力」があるエンジニアは、コンポーネント化された
ソフトウェアの解析能力・再構築能力が優れている
ということらしいです。うーん、分かったような分からんような・・・
謎だ・・・こんな説明、企業の情報システムに関係する仕事をした
ことがある人なら、誰も納得できないのではないでしょうか?
どこかから出来合いのソフト買ってきて、適当に組み替えれば
オッケー、なんて会社はそんなに無いですよねえ?

さらに、日本人エンジニアは用無しで、中国人・インド人がとって
かわる、ということなんですけど、これってどういう計算なんだろう?
確かに、取って代わる部分もあるでしょうけど、とってかわれない
分野が多々あることが認識されていません。サポート部門だったり、
運用・管理部門みたいなところは、中国やインドにいる人には
できない仕事ですからねえ。


と、ここまで書いてみて思い出したのですが、この記事は新生銀行
周辺の人間からの聞き取りだけで書かれたのじゃないかしらん?
あそこのシステムは、インドかどこかのパッケージのカスタマイズ
だと聞いたことがあります。


いずれにせよ、世の中には紙ゴミみたいな雑誌記事というのが
存在します。できることなら、SEやPGよりも先に、そういう記事を
書く雑誌記者が職を失うような世の中であって欲しいです。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 15:02 | 沈思黙考

はぁ~(脱)

なぜ、自分より小さいもの、弱いもの、若いもの、幼いものに対して、
これほどまでに醜い支配欲、性欲を持つ人間がいるのでしょう?

自分の人生がいかにみじめで浅はかなものに感じられても、守るべき
ものを守ることさえ忘れてしまったら、本当に救いが無くなるじゃないか。


僕は自分の醜さ愚かさ惨めさを、誰かに許してもらおうとか、愛して
もらおうなんてふうには、もう思わない。だから神に救いは求めない。
もし神に祈るとしたら、ただこの塵埃の身を、美しいもの、弱いもの、
未来あるもののためにささげる事を許して欲しいし、その機会を与えて
くれることを望むばかりです。
[PR]
by izagon | 2004-11-29 14:24 | 沈思黙考