<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いかにもお役人


<飲酒運転>「直ちに免職は行き過ぎ」 兵庫県知事


「ここで『他の処分とのバランス』を持ち出すなんて、なんともお役人くさい発想だなー」と思って調べてみたら、兵庫県知事も静岡県知事も、東京大学卒の自治省出身ですね。

いかにもお役人!もうね、鑑ですよ、このステレオタイプっぷり。

法律の策定とか、行政の執行とかをやってきた人は、こういう「法律の秩序」を大事にしますよね。
それはそれでいいんですよ。僕はむしろこういう姿勢は評価したいんですよ。とりあえず、なんかよく分からん市民主義的な主張よりは一貫性があったりして素敵。

でも、でもね。
もうちょっと空気を読め、とも言いたい。

危険運転致死傷罪が施行され、それでもなおその適用の少なさ、適用の範囲の厳しさに批判が寄せられる今、

福岡の飲酒運転事故以降、飲酒運転による事故の事例が幅広く紹介され、注目されている今、


「従来の量刑が少なすぎて、他の重大な犯罪と比較してバランスが取れていなかった」という発想で考えればよかったのじゃないかと。

殺人はいうまでもなく重罪です。
放火は殺人に準じる刑罰が規定されています。


ひとつ間違えば、いとも簡単に大量殺人につながってしまう飲酒運転。これまでの量刑が軽すぎた、と考えて、その改正に向けて努力しても、法律の秩序は守られるのではないでしょうかね。
そういう視点でモノを考えても、いいんじゃないですか知事さん。
[PR]
by izagon | 2006-09-27 20:49 | 沈思黙考

家計についての殊勝な心がけを吐露しておいて

家計についての殊勝な心がけを吐露しておいて、不意打ち的にオータムジャンボを買いたいと思っているワタクシなのでした。

頼むから当たってくれ
[PR]
by izagon | 2006-09-26 17:17 | 金銭欲親分

家計について物思う

結婚して半年経つわけですが。
今は共働きですし、子供もありませんので、経済的にはそれなりに余裕のある状態です。

しかし、出産・奥さんが専業主婦に、という状況になると、どうなるのか。今は健康な両親も、年をとればどうなるか分かりません。

心配が尽きないわけですが、これを弱音ととるか、一家の大黒柱の自覚ととるかで、今後の自分の身の振り方が変わってくるのじゃないかと。

「弱音」ではなく、積極的に取り組むべきチャレンジとしてとらえれば、生き方が変わるでしょう。逆に、ここで弱音と言ってしまうと、後は弱音が雪だるま式に増大していく気がするわけです。

ここはきちっと踏ん張って、男っぷりを上げてみたいと、そう思う次第であります。
[PR]
by izagon | 2006-09-26 12:16 | 金銭欲親分

中川幹事長?

NHKのニュースで見てたけど、地味だねえ。
声がボソボソしていて、もうちょっとなんとかならんかと思いました。
言ってることも地味だし・・・。
よく言えば、「着実」「誠実」なのかなあ。

やっぱり小泉氏の後だからでしょうか。
「彼の後」の政治家って大変ね。
[PR]
by izagon | 2006-09-25 21:18 | 日記

プリンタって使わない?

1ヶ月前に購入したノートPCに、いまだに家のプリンタの設定をしていないことに気づきました。
僕の生活・仕事では、印刷しないでも不便は無い、ということなんでしょうか。

情報を入手するWebサイトが、印刷したい情報以外の雑音を多く含んでいるからでしょうか。
紙がもったいないからでしょうか。

いずれにせよ、ぼちぼち設定します。
[PR]
by izagon | 2006-09-23 10:41 | 日記

判決を肯定している人たちの多くが内容を誤読してるように見える


<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決


トラックバックをざっと眺める限り、この判決に肯定的な意見を言っている方々は、
あたかも判決が「国旗・国家を強制するのは違憲だ」としたかのように述べておられる。

しかし、判決は、
「入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは」違憲
と言っているのですよ。国旗・国家が違憲とは言っていないですし、むしろ国旗・国家を
尊重することには意義があるとしているんですよね。

この違いを分かった上で肯定するなら肯定するべきではないでしょうか。

まあ、共同通信なんか「国旗と国歌、義務でない 東京地裁、賠償命令も 」という
タイトルの記事を配信していて、明らかに読者をミスリードしているわけなんで、
普通の人が誤読してしまうのはやむを得ないところがあるとは思います。
[PR]
by izagon | 2006-09-23 06:49 | 沈思黙考

オフィスにいて思うこと

うちの会社には、

1. 進藤晶子に似ている女性社員がいます
2. 辛酸なめ子に似ている女性社員がいます
3. 古田新太に似ている女性社員がいます

僕としては、特に2.と3.がヒット。
[PR]
by izagon | 2006-09-22 13:05 | 日記

連敗中の僕、小さな勝利を手にしたのに

株式の銘柄買いではことごとく負けている僕です。
唯一、ストックオプションで手に入れた、かつて勤めていた会社のだけが余裕で含み益を出しています(今の株価の10分の1になっても大丈夫)。

一方、投資信託と不動産投信は順調この上なし。
不動産投信は1単位持ってるだけですがほとんど上下動無し。半年に1回、僕にちょっとしたお小遣いをくれます。ありがたい。

今日、その配当を受け取りに行ったのですが、手続きミスで受け取れませんでした。明日出直します。

そんな感じで微妙な苦笑いの木曜日です。
[PR]
by izagon | 2006-09-21 14:32 | 金銭欲親分

66%得票で「微妙な勝利」???

<安倍新総裁>得票率7割に届かず 微妙な勝利の評価

政治家の感覚って変ですね。
朝のニュース、この記事へのトラックバックを見ても、政治の周辺でぐだぐだ言ってる人たちも変な人が多い気がしました。

当初の目論見よりも少ないにしても、66%って大量得票じゃん?普通に「圧勝」じゃん?
2位・3位足しても届かないどころか、2位・3位合計のダブルスコアってことでしょ。
議員票、地方票別々に見ても、大勢は同じ傾向のようだし。


正直、安倍氏支持、他候補支持、自民党支持、反自民の立場を問わず、「微妙な勝利」とか「苦戦」とか言ってる人たちにドン引きです。

「政治」を語る人ってすげー変じゃないでしょうか?
[PR]
by izagon | 2006-09-21 10:15 | 沈思黙考

なんかいろいろ考えてるんだが

なんかいろいろ考えては「ブログに書こう」と思うんですが、すぐ忘れてしまいます。

日常生活を普通に送っていれば、考え事にふけってばかりもいられないということなんでしょうね。
佐野元春風にいえば、「生活というウスノロ」がいるわけで。

まあ、年をとってきてその「生活というウスノロ」にもいわく言いがたい魅力があることに、誰しも気づくんでしょうけども。
[PR]
by izagon | 2006-09-20 00:06 | 日記