<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

はしかの流行が僕の仕事にも波及

思わぬかたちではしかの流行が私の仕事に波及してきました。
驚いたねえ。
[PR]
by izagon | 2007-05-30 22:09 | 日記

縁は異なもの

仕事だけでしかつながりの無い人と、実は実家の近所の電気屋でつながっていた、というお話。
意外な人から意外な店名が出てきてびっくりした。
[PR]
by izagon | 2007-05-29 21:39 | 日記

先が見えてきたか?

まじめに勤めていたらいろいろ支援が来たよ。
助かるなあ。

今週を乗り切れば徐々に先が見えてきそうな気がする。ガンバレ俺。負けるな俺。
いや、勝て、俺。

今日の午前中はひどい疲労感に襲われて劇的にローテンションでしたが、
今夜ちょっとだけがんばる気になってきた。うぉおおっし。
[PR]
by izagon | 2007-05-29 21:34 | 日記

えらい人のプレゼン

えらい人のプレゼンはなぜあんなにもつまらんのか。

まあ僕がオブザーバー的な立場で聞いていたせいもあるのだとは思うけど、
内輪受け狙いばっかりだし、追従笑いしかできないようなくだらんボケばっかり。

非常に苦痛な40分でありました。
[PR]
by izagon | 2007-05-28 14:44 | 日記

せっぱつまった一週間でした

今週はせっぱつまった1週間でした。土曜日も朝9時から夜9時まで仕事。
最後は今週一緒に仕事をした先輩社員と愚痴垂れながら帰りましたよ。

マネージャーとかスタッフ部門って、なんでこう現場の苦労を斟酌して
くれないんだろうねえ、という話ですから、ほんとにごくつまらない愚痴だった
わけなんですけども。
[PR]
by izagon | 2007-05-27 06:21 | 日記

さて答えは?

ちょいと年上の小奇麗な女性に
「また仕事でご一緒したいです」
と満面の笑みで言われて、社交辞令だと気づくのに
うっかり2秒もかかってしまった上に変にどぎまぎしてしまった。


さて、ここでこのうっかりの原因は何か。

(1)女性の笑顔は罪なものだ。
(2)修行が足りん。
(3)男は基本的に馬鹿である。

それにしても、社交辞令にどぎまぎしてしまって、僕はすごく
はずかしいぞ。
嫁よ、こんな阿呆な旦那ですまん、と心で詫びたのでありました。
[PR]
by izagon | 2007-05-26 00:47 | 沈思黙考

疲れてきたがもうちょっとだ

もうちょっとだよぅ。
[PR]
by izagon | 2007-05-26 00:42 | 日記

今週は仕事が一つ目のピーク。

今週は仕事上の一つ目のピークであります。
かなり死にそうです。
でも気が張っているので死にません。

秋からの仕事の種まきも地道にやってます。
これだけやってるんだから給料が欲しい。頼むからくれ。
営業の皆さんはもっとお金になる仕事を掘り起こしてほしい。
僕の手間ばっかりかかる仕事は断ろうよ。ねえ。

思うところを書くと上記のとおり「、」が無い文章になります。
大丈夫か僕。頑張れ僕。
[PR]
by izagon | 2007-05-23 12:17 | 日記

眠った、起きた、事務仕事した

家に簡単に仕事が持ち帰れる点について、良いような悪いような、と思うわけです。
今日は朝起きて昼寝して仕事して昼寝して仕事した、というような一日でした。

とりあえず6月いっぱいまでは修羅場気味であるわけですが、地道に頑張ります。

それにしても、
基本的に弱音を吐きまくりな私であります。妻帯者ってのはもっと責任感に
あふれてるもんじゃねえのかね?ともちょっと思いますが、こんなもんなのか?
[PR]
by izagon | 2007-05-20 22:53 | 日記

悪口の響き方

自分が言った他人の悪口が、思わぬ形で周囲に響いていることに
気づかされました。

仕事上で付き合いのある人に、一箇所とっても扱いにくいところがあって、
面倒かけさせられていたのですよ。
悪い人ではないと思っているし、ずいぶん勉強もさせてもらったのですが、
私の口からは悪口のほうがずいぶん出てしまっていたようで。

今回、仕事上の付き合いが無くなることになったのですが、
私の周囲の人から
「おめでとう!これであの人から面倒なことを言われることもなくなるね」
と言われてみて、(ああ、悪口の方が迅速に、大きく響き渡るものなのだな)と
思いました。


してみると、これまでそこかしこで悪口を言い続けてきた僕は、
ずいぶんひどいことをしてきたものだと思います。

そろそろ僕も大人にならないといけない、と思いました。
[PR]
by izagon | 2007-05-17 13:01 | 沈思黙考