人気ブログランキング |

2004年 03月 24日 ( 11 )

読書用電子端末(2)

家電メーカーは大きさや重さ、画面の見やすさの
クオリティを上げていくことで、本の代替物となる
電子端末を開発しようとしています。

言ってみれば、「ディスプレイ」の高機能化を
おしすすめている、といえそうです。
もちろん、持ちやすい、見やすい端末が出来る
というのはのぞましいことです。
が、それだけではまだ不足です。


「本」という表現形式には、普段気づかないいろいろな
機能が埋め込まれています。
私がまずここで言いたいのは、3つの部品が表現している
機能です。

-目次
-注(頭注・脚注)
-参考文献リスト

この3つの部品は、本において、本文の内外の情報を
相互に関連付ける機能を担っています。

電子端末で使用されるための電子書籍データは、
こうした情報をどう扱うのでしょうか?
あまりよい実装がされているとは思えません。

※実物を見たり触ったりしたわけではないので、非常に
適当な推測です。


これらの情報の扱い方が洗練されてこない限り、
私が電子端末を使うことは無いと思います。
by izagon | 2004-03-24 19:19 | 読書日記

読書用電子端末(1)

今のところ、読書用電子端末には問題があると思います。

本を全ページコピーする人はいないが、
電子端末で利用するデータなら、1冊分全てコピー
しようとする人はいるでしょう。

逆に、全部はいらないが、特定のページ、特定の行の
引用をしたい人、コピーが欲しい人は必ずします
(それによって人類は先人の叡智を利用して、さらなる
発展・創造を行ってきました)。

しかし、電子端末はそうした操作を抑制しています。
もちろん、電子端末を利用しても、「目で見て写す」ことは
できますが、それではせっかくデジタル化した意味が
ありません。

家電メーカーは、大きさや重さ、データのダウンロード
手段などに目が向きがちで、本の持つ社会的な
機能について十分配慮されているとは思えないのが
残念です。
by izagon | 2004-03-24 19:10 | 読書日記

薄皮あんぱん、本日をもって封印

ここ1ヶ月ほど、毎日おやつに薄皮あんぱん
(クリームパン/チョコパン/桜あんぱん)を食べて
きました。

たぶん、通っているローソンでは「今日はあのデカい人、
あんぱん買いに来ないねー」とかいう会話がされはじめて
いる頃でしょう。


大変おいしい薄皮あんぱんですが、食べた直後に
眠くなります。おそらく血糖値が上がるためでしょう。
今はヒマーな人なので、机に突っ伏して5分寝ても誰にも
文句は言われません。
が、さすがに社会人としての自分の職業倫理がそういう
堕落に対して警告を上げはじめました。
やはり、三十路の大男があんぱん食って寝てるなんて、
どう考えてもいい絵ではありません。

ということで、明日からはより糖分が少なく、血糖値を
押し上げないおやつを食べることにします。


もちろん、おやつは食べ続けます。
by izagon | 2004-03-24 17:18 | 日記

Perlで作るCGI入門(応用編)

結城浩氏のPerlCGI本です。

相変わらず読みやすい文章で、すいすい読めます。
私の場合は、Perlの文法がある程度分かっているので、
Perlに関する説明の箇所を軽ーくスキップしながら読める、
という要素もありますが。

"CGI"というフレームワーク(というのかアーキテクチャと
いうべきか)について、これまできちんと勉強してこなかった
ので、勉強になります。
HTTP通信とサーバサイドアプリケーションの各要素
(Cookieだのなんだの)の関係について、これまでは
Javaのサーバサイドアプリケーションアーキテクチャを
通じて見ていたのですが、CGIを通じて見直すことで
再認識した部分もあります。


まだ3分の1ほどしか読んでいません。
今週中に(勤務時間内に)読んでしまおうと思っています。
by izagon | 2004-03-24 16:26 | 読書日記

今日もまた

暇なので、とっとと帰ろうと思います。

今日は帰ったら、ハヤシライスを作ります。
しかるのち、プールに行ってヒト泳ぎし、
スチームサウナで汗を流せば、スッキリさわやか、
って感じです。


なんだか、何も無く穏やかな日々だなぁ・・・
by izagon | 2004-03-24 16:19 | 日記

食欲

焼肉をたらふく食べたいです。
すしを山ほど食べたいです。

何でもするので誰かおごってください。


・・・我ながらストレス溜まってきてますねえ。
by izagon | 2004-03-24 13:51 | 日記

読書のススメ

2週間ほど前に、パリ在住の知人から
「最近の日本を象徴するような本、無い?」
という問い合わせのメールが来ました。

そんなもん急に聞かれたって知るかボケ

だの

銭も払わんで何いきなり言い出すんじゃタコ

だの、3秒ほど画面に向かって罵ってしまいました。

ただ、彼にはしばらく前に合コンを設定してもらった
恩義があったので、報いなければならんと思いなおし、
考え、また部屋の本棚を見直すこと10分、
適当に2,3見繕って返信したのでした。

自分が読んだ本について紹介するウェブサイトを
作っていた私ですが、ここ1、2年は「本を他人に
紹介すること」の難しさを痛感しています。


最近終わった『お厚いのがお好き』という深夜番組は、
世間で「名著」「古典」とされる本について要約し、
分かりやすく紹介する、という内容でした。
これに類似した内容の、2時間の特別番組も、先日
放送されていました。

こうしたテレビ番組は、「古典」「名著」あるいは
「代表作」という世間の評価に依存することで、
本を広くさまざまな人に紹介しています。
これ自体、別に悪いことでもなんでもない
(いいことでもなんでもない)と思います。

これをきっかけに本を読んでみようかな、という人が
いれば、それはそれで結構なこと、かもしれません。

ですが、読書で得られる悦びというのは極めて
個人的なものであるということを考えると、
世間の定評によりかかって本を選び、読む、というのは
あまりお勧めできないです。


いろいろな本を読んで、自分の好きな本を探す。
それが読書の本来の愉しみなんじゃないかと思います。

読書には「教養を身につける」とか、「情報を得る」とか、
個人的な愉しみ以外の要素もあるわけですが、
最近の傾向はそうした個人の愉しみ以外の部分ばかりに
力点が置かれているのではないでしょうか。
by izagon | 2004-03-24 13:16 | 読書日記

キャッシュフローの活用

今朝から着手しました。

90ページほどの小冊子なのと、「会計言語」にも慣れてきたのとで、
うまくすれば今日・明日中にも読み終えるでしょう。
(それくらい暇なのです)

タイトルでは「活用」なのですが、ようやく「キャッシュフロー計算書の
基礎」という感じです。前の分冊「キャッシュフローの理解」が
むしろ「キャッシュフローの理解のための会計基礎」というレベルで、
この後半の分冊で「キャッシュフローの理解」となると思います。
by izagon | 2004-03-24 11:38 | 勉強日誌

仕事もしないで

オフィスの片隅のパーティションの陰で、仕事もしないで
初級シスアドの勉強をこそこそやっています。

おととしの春の過去問をやっているのですが、気のせいか
この回の問題は簡単です。
去年の秋の問題ではちょっと青ざめてしまうくらい出来が
悪かったので、あせったのですが、今はまた自信が
よみがえっております。
まあ、去年の秋の問題をやったのは、起き抜けの時間
だったので、寝ぼけた頭には難しかった、ということなのかも
しれませんが。
by izagon | 2004-03-24 11:35 | 勉強日誌

朝食とお弁当

朝食
-ご飯
-納豆(卵入り)
-ヨーグルト

お弁当
-ご飯
-レンコンのはさみ揚げ(冷凍食品)
-エビフライ(冷凍食品)
-白菜の糠漬け(浅漬けの素使用)


ほうれん草のバター炒めにしようと思っていたのですが、
眠気に負けました。
by izagon | 2004-03-24 10:56 | 自炊日記