2004年 03月 30日 ( 9 )

単身者向けお小遣い帳

アイデアがだいぶ整理されてきたので、とりあえず
α版を作成しました。

まずαテストとして、自分で1週間運用してみることに
します。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 18:09 | 沈思黙考

今日のお仕事

久しぶりにまとまった量の仕事をしました。

以前書いたプログラムの修正、という、あまり面白くない作業でしたが、
それでも、物事の構造を明らかにし、操作する、プログラミングの仕事は
やはり興をそそるものです。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 18:08 | 日記

自戒

それにつけても我が胸の内の醜さよ。


2年ほど前まで参加していた社会人バスケサークルのホーム
ページを見てみたら、なんだかずいぶん楽しそうでした。

参加しなくなったのは、あまりにレベルが低かったからでした。
「レベル」という表現をしましたが、技術的にどうこう、という
よりも、試合になれば「勝ちたい」というくせに、練習はいい加減、
こいう気持ちの甘さが許せなかった、というべきかもしれません。


ホームページのその楽しそうな様子を見て、
(俺がプレーヤーに復帰して、どこぞのチームに入り、お前らの
チームなんぞ一ひねりにしてくれるわ)などと思ってしまいました。


こんなことだから友達が少ないんだよねえ。

それに、貴重な人生の時間と体力を、そんなしょーもない理由で
浪費してはいけない。

もっと淡々と生きていきたいなあと思います。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 13:32 | 日記

デジタルカメラの進化の方向

どんどん画素数が増していくデジタルカメラですが、これは
正しい方向への進化なのでしょうか?

メーカー側としては、銀塩カメラの表現力に近づけることが
目標なのかもしれませんが、日常的な場面でデジカメを
使いたいユーザーは、そんなことを望んでいないような気も
します。

デジカメで撮った写真は、PCに取り込んで、Webに公開する、
という使い方が多いのではないかと思うのです。
その用途であれば、100万画素、せいぜい200万画素で
十分だと私なぞは思うわけです。

今、デジカメの性能として注目すべきは、色の再現性で
あったり、起動時間であったり、光の補正であったり、
シャッタースピードの調整であったり、画像編集機能で
あったりするのではないでしょうか?
(※技術的な知識・写真の知識が無いので、間違ったことを
書いている可能性があります)

画素数を増やすことで、上記のような機能上の課題が解決
されるというのであれば、私の指摘には意味はありません。

ただ、もしそうであるならば、今度はデジカメを紹介する側
(雑誌記事や、店頭広告等)が「画素数」に偏重していることを
批判したいと思います。
デジカメという面白ツールを、画素数という一要素だけで
順列を付けるようなことがあってはいけないと思います。


「デジカメの進化の方向が正しいか?」という最初の論点に
戻しますが、上記の通り多少疑問はあるものの、今のところ
やむをえないのかな、という気もしています。
ですが、もっといろいろな特徴のあるカメラを作って欲しい、
とは切に願うものであります。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 12:52 | 沈思黙考

キャッシュフローの卵

先週、このWeblogを読んだ知人から
「俺もキャッシュフローの勉強したいんだけど、いい本ない?」
と訊かれました。

そんなことを初学者の私に訊く奴があるか!と軽く罵倒して
やったのですが、それで終わらせてしまったら、世に咲く花も
無いというものです。
そこで、別の探し物もあったので、週末、新宿の紀伊国屋に
出向き、いいキャッシュフローの入門書は無いか探してみました。

-会計についての基本的な知識が無い
-時間も金もかけるつもりは無い
-会計士になろうとか、会計系のシステムを作ろうとかいう
 つもりはなく、社会人の一般教養として「キャッシュフロー」
 という概念を理解したい

というのが、探す際の前提でした。

そうして見つけたのが表題の本です。
180ページほどの小著です。私はまだ100ページほどしか
読めていませんが、よくこなれていて、概論を理解するのに
適切な内容だと思います。
会計の基礎知識(簿記3級程度)がある方なら、2,3時間で
読みこなせるでしょうし、知識が無くても4,5時間で読めると
思います。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 11:33 | 読書日記

金の亡者

私の持っている株が、3日連続でストップ高しました。

前の会社を辞める3日前に、(大して気乗りもせずに)
ストックオプションの権利行使で手に入れたものなのですが、
あっという間に値が上がってきました。

市場全体の上昇傾向ももちろん影響しているのでしょうが、
今までの評価が低すぎた、という気はするので
(同時期に株式公開した某外食チェーンより安いなんて
有り得ない!)、ようやく世間に理解されるようになってきた、
ということだと思います。

皆さんも、ベンチャー企業に入ってストックオプションを
取りましょう!
(体を壊すくらいの勢いで働くのが前提にはなりますが)

それにしても、体を壊した昨夏には、手元から現金が
次々消え、3000ユーロと5千円しか無くなった時期まで
あったのに、いまや資産は・・・万円。
浮き沈みがありすぎですね。

こんなリスキーな生活はいつまでも続けられるものでは
ないので、これからは金の亡者と化して、堅実・倹約・渋チンで
生きていこうと思っています。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 11:00 | 日記

[間奏]これも?

このシリーズも、うまくまとめていけば本になるかな?とか
考え始めています。
(取らぬ狸の皮算用なのはもちろん承知しています)

システムエンジニアが読む技術書には、

-初学者向け
-技術的な詳細よりも、概念的な説明
-対話篇的な構成(超初心者・中級者・上級者の対話)

というコンセプトの本が数多く見られるのですが、経営や
会計関連の本にはそういうものがあまり見られないように
思います。

私に中級者の役割ができるかは定かではありません。
ですが、知人の公認会計士に協力を仰いでいけば、
できないことではないと思います。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 10:49

今日の朝食とお弁当

朝食
-ご飯
-納豆(卵入り)
-ヨーグルト

お弁当
-ご飯
-フィッシュフライ(冷凍食品)
-鶏肉の香草焼き(冷凍食品)
-かぼちゃの煮物(作り置き)

かぼちゃの煮物、結構作ったつもりだったのですが、
弁当1週間分には足らないようです。
分量について考慮が必要です。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 10:38 | 自炊日記

希望か妄想かといえば

出川哲朗のところに若くて綺麗な嫁さんが来たそうです。
このニュースは、縁遠いおっさん達に希望と妄想をもたらしました。

私も例外でなく、いらんことを考えてしまいました。
しかし、それは有り得ないことです。

出川哲朗は、
-オタクではない。
-内向的ではない。
-失敗を恐れていない。

立派なもんです。

私(や、全国のオタク系縁遠いおっさん)が抱いたような希望は、
むしろ妄想と呼ぶべきでしょうね。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 10:36 | 沈思黙考