<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

それでもいろいろ思うところはあるのだ

ドラマ『のだめカンタービレ』のサントラがひどい。
というか、サントラってひどいみたいですね、今の世の中。
[PR]
by izagon | 2006-12-19 18:56 | 沈思黙考

原因判明

PSPで『太閤立志伝』をひたすらプレー中だから、ブログを書いてる暇が無い。
モノを考えてる暇が無い。
本を読んでる暇が無い。

そういうことですな。

# izagon殺すに刃物はいらぬ、KOEIのゲームを絶てばよい
[PR]
by izagon | 2006-12-19 18:55 | 日記

最近ブログを書いていない件

原因はよく分かりません。
仕事が行き詰っている(というかやる気が無い)からか?

元気に生きてるんですけどね。
[PR]
by izagon | 2006-12-19 18:36 | 日記

なんか仕事取れた

なんか中くらいの規模の仕事が取れたっぽい。

私が担うことになるであろう現場は、また大変になりそうなので、
あまり感慨はありません。
[PR]
by izagon | 2006-12-14 16:11 | 日記

嫁に申し訳ないと思う件

最近、毎朝「会社に行きたくねえええええええ!!!!!」とぶちぶち言っていることは、
申し訳ないと思っています。

今現在抱えている仕事が、ちょっと隙間仕事(というか、家で出来る類の仕事なのだ)
であるためなのですが。

うちの会社が、もうちょっと柔軟になってくれるとうれしいんだけど。
[PR]
by izagon | 2006-12-14 09:55 | 日記

サービスってレベルじゃねーぞの件

うちの会社のサービスが世間一般の最新版・標準版から順調に1年遅れである件を、
どう認識して是正していったらいいものか途方に暮れています。


我が部長の言によれば、
「うちの会社の商品が、世間に認知されて(利益が出るほどの)売上が上がり始めるまで
1年くらいはかかるから、その範囲は見ておかないといけない」

ということなので、会社的には「世間から1年遅れ」であることはなんら問題が無いはず。

でも、商品を開発して製造している僕らは、1年遅れの商品をお客さんに渡さないと
いけないわけで。

良心の痛みを感じないではいられないし、自身の商品開発・製造能力の低下に不安を
感じないでもいられない。


わが社の事業は、いくらでも代替財が見つけられる種類のものだし、価格弾力性も
相当高いと思われるから、・・・

正直、転職も視野に入れるべきではないかと思う次第です。とはいえ、いますぐに
動き出すのは考えが足りなさ過ぎると思うので、もう少し状況を見極めて、
自分が持ちえるオプションについて検討をし、それを手に出来るように努力していこうと
考えています。
[PR]
by izagon | 2006-12-12 13:40 | 日記

誰かうちの人事に

誰かうちの人事に「インジケータ」の意味を教えてあげてくれまいか。

CSRとKPIを考えるとき、KPIをどう作るかって大事なわけですけど、
そのへん人事が分かってないっぽい。
ヤレヤレです。
[PR]
by izagon | 2006-12-11 12:20 | 日記

なぜか007

嫁に誘われて007の新作を見てきました。

CMなどで見た限りで、ダニエル・クレイグがちょっと地味ではないかいなと
思っていたのですが、そんなことは無かった。なかなか良かったです。

若かりし頃のショーン・コネリーを彷彿とさせる表情。
厚みのある肉体。
ピアース・ブロスナンも悪くなかったのに、見終わった後の僕は
「ブロスナンはちょっと色男・優男っぽすぎだったなぁ、
007はもうちょっとニヒルでハードボイルドなところが無いといけなかったのだな」
なんて思ってしまいましたよ。

映画全般を見るといろいろ言いたいこともあるのですけど
(ヒロインのドラマがちょっとショボいとことか)、
娯楽作品としてよく出来ていると思いました。
年末にお時間のある方は、ぜひ。
[PR]
by izagon | 2006-12-10 23:11 | 日記

芸能界ってのはひでえところだなと思う

過去の色恋沙汰をさらして注目を集めようとしたり、
かぶりものをして自虐的なギャグを飛ばしてみたり。

そうまでして生きていたいと思わせるものが、
芸能界にはあるのかもしれない。
あるいは、そうでもして芸能界で生きていかないと、
ダメな体になってしまっているのかもしれない。


いずれにしても、係わり合いになりたくないものだなと
思いました。
[PR]
by izagon | 2006-12-09 08:05 | 日記

すごい勢いでやる気が失せていく

今日の夕方、それなりにでかい案件の商談に列席する予定なんですけど、
やる気がまったく出ません。帰ってしまってもいいくらいの気になってきました。

おそらく、

「実務の担当者が頑張ってお膳立てしたのに、いきなりえらい人が出てきて
形式的なミーティングにしてしまう」

というケースを体験することになるんでしょうなあ。うちの会社のえらい人の
見識次第ですけど。あの人たちは、この案件についてちょっとは勉強して
くれてるんだろうか?
まあ、最前線の僕のところに何も言いに来てない時点で、勉強してないことは
推測可能ですけどね。


中小企業のくせに、ときどき大企業みたいな振る舞いをするところが、
この会社のイケてないところだとしみじみ思う朝であります。
[PR]
by izagon | 2006-12-08 10:35 | 日記