<   2007年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ムチャ振り

芸人同士のムチャ振りは、傍から見ていて緊張感が面白いわけですが、
自分の仕事のムチャ振りは勘弁願いたいものですね。

昨日と今朝、ムチャ振りされました。ほんとごめん。勘弁して。
[PR]
by izagon | 2007-05-17 09:46 | 日記

仕方の無いこととは思うものの

出産直後の女性社員のフォローをするのは、仕方の無いことだと思うものの、
また、育児中の女性がキャリアを継続させることの意義も理解するものの、

こちらの予定お構いなしに(前から分かっていたことなのに)当日急に
どうにかしろと言われるとちょっと釈然としない気持ちも湧いてきます。

人間の器が小さいんだろうねえ。
[PR]
by izagon | 2007-05-16 09:42 | 日記

心が折れてきた

今日も頑張ったよ俺。もういいじゃないか・・・


と、心の弱い僕が内心に語りかけるのですよ。
やんなきゃいけないことあるんだけどねえ。
帰って寝たいっす。
[PR]
by izagon | 2007-05-15 17:56 | 日記

今日はちょっと体がかったるいぞと

かったるかったんですがオフィスで突っ伏して昼寝したらちょっと復活した。
寝不足なのか?俺。
[PR]
by izagon | 2007-05-15 12:55 | 日記

ブラック企業の件

自分の会社の偉い人にチクってみました。
事を荒立てることになるでしょうが知ったことではありません。

っていうか、やっぱりブラックな企業にあんまり近づいてはいけないよね。
どんなに金払いがよくってもさ。


・・・こんな考え方だとお金からは遠ざかるんだろうな、とは思いますが、
わが身の方がかわいいもんね。
[PR]
by izagon | 2007-05-14 13:05 | 日記

あーブラックブラック

業界ではアクの強い社長で有名な会社に出かけて、
ちょいと仕事をやっつけてきたのですが、
なんかひでえ文書にサインを求められました。

すっげえブラックな文書ですよ。
サインしたとたん、僕に一方的に責任が負わされるようなもの。
一目見て「これ、脅迫か?」と思いました。

正直、サインしたくなかった。わが社の法務も、
「会社としてサインしろとは言えない内容」
とか言ってるし。でもしょうがないよねえ。現場の弱みがあるもん。
その場の仕事に差し支えがあったら嫌だし。

まあ、とってもブラックな内容だし、法的な効力が疑わしい形式だし、
書かされた状況も状況なので、たぶん裁判沙汰なんかに
なっても有効性は疑わしいけど。

一緒に働いた人たちは大変優秀だったので、
(また一緒に仕事してもいいかな)とも思ったのだけど、
この文書で一気に評価を下げました。正直、もう二度とお近づきに
なりたくありません。

優秀な人間が集まれば優秀な組織が出来上がるわけではない、
社風って大事だな、と思った出来事でありました。
[PR]
by izagon | 2007-05-12 07:18 | 日記

頭痛くて頭がよく使えない

なんかさっきから頭が痛くて集中力皆無。
これで明日と明後日修羅場なんだから、余裕で泣ける。
[PR]
by izagon | 2007-05-09 16:30 | 日記

人生の不条理に物思う5月ですよ

昨日の夕方、1年ぶりに証明写真を撮ったらえらいことになってて
人生の不条理に思い悩む一夜を送ったわけですよ。

太った。
頭髪がえらいくたびれとる。
なんだこの死んだ魚の目は。

時間という過酷な試練の後とはいえ、これほどの変化は思いの外。
同じ人間である以上、若い頃が二枚目だったはずはありませんが、
もう少しマシな造形の顔面を肩の上に乗っけていたんじゃなかろうか、
と、かように思う次第であります。

5月の夜は狂おしいものですな。
[PR]
by izagon | 2007-05-08 17:45 | 日記

そんなわけでしみじみと

ゴールデンウィークが明けました。
明けましておめでとうございます。
[PR]
by izagon | 2007-05-07 08:30 | 日記

C級ニュースに見えるかもしれないけど


「種明かしは財産権侵害」 マジシャンら2テレビ局提訴


これ、しょーもないC級ニュースに見えるかもしれないけど、なかなか考えさせられます。


「本屋やマジックショップに行けば、いくらでもマジックの種なんか入手できるじゃないか」
とか、「図書館に行けばタダでネタが仕入れられるよ」なんて言い分もありましょうが。

そうまでしてネタを手に入れようという人は、マジシャンとしての心構えを備えているというのが
ポイントです。


マジシャンがネタを披露するとき、どんな心構えを持っているのか。
そしてどんな準備をしているのか。そこを考えると、この訴訟を起こした人たちにも
同情ができるというものです。

マジシャンの信条・心情については、泡坂妻夫の小説『11枚のとらんぷ』または
『奇術探偵曾我佳城』を一読されることをお勧めします。
小説としてとっても面白い上に、マジック業界がわかります。
[PR]
by izagon | 2007-05-01 20:06 | 沈思黙考